FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

ウォーキングコース4(西綾瀬・青井ルート)

 このルートを開拓するに至った理由は、五反野駅から西綾瀬方向に徒歩数分の場所にある「ほうでん」という弁当屋を利用したためである。ここの弁当は安くて美味しく、今では結構な頻度で利用しているのだが、作り立ての弁当を提供する関係上、どうしてもオーダーしてからの待ち時間が長くなる。そこで、この待ち時間を利用してウォーキングを始めたというのが契機である(ちなみに、今は電話予約で指定された時間に弁当を取りに行っているため待ち時間はほぼ発生しない)。
 具体的なウォーキングコースとしては、五反野駅から西綾瀬方面に向かい、西友青井店付近を巡って戻ってくるというものであり、往復で40分程度である。だが、西友や近隣のドラッグストアに用事がある時に利用する程度であり、このルート自体の利用頻度は高くない。ちなみに、西友を更に北上すると足立区で有名な商店街である「青井兵和通り商店街」にたどり着くが、残念ながらここまで足を延ばすことはほとんどない。
 一方で、先の「ほうでん」をはじめこの通り沿いの飲食店の利用頻度は意外と高い。その隣にあるインドカレー料理店やラーメン二郎系の店は適度に利用し、この通り沿いにある複数の飲食店もたまに利用する。無論北千住の飲食店街に比べれば遥かに地味ではあるが、少なくとも私がランチで腹を満たすには十分なレベルである。

足立区の中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト



ウォーキングコース3(西新井橋・梅島ルート)

 このルートは、主に土日祝にしっかりウォーキング又はジョギングをしたいと考えた時に利用するコースである。
 以前は千住新橋から扇大橋まで往復ジョギングをしていたが、最近は千住新橋から西新井橋までの往復ウォーキングで済ませている。丁度荒川土手沿いに我が家の菩提寺があるので、その菩提寺でお参りや墓掃除を行い、その後土手を往復すると丁度1時間程度になるので、時間・歩数としては北千住コースとほぼ同じである。
 このルートの長所は、特に土手の上を歩けば他の歩行者や信号待ちを気にすることなくスムーズに歩けるという点、短所としては(定期的に歩いていると)景色が単調で飽きてくるといったところか。
 このように歩くことに集中するにはうってつけだが、沿道の店舗や見どころは皆無であるため、ウォーキング帰りに少し寄り道して梅島・梅田地域に立ち寄ることがある。例えば「カリブ梅島」にはスーパーや100円ショップなど様々な店舗があるので、ついでの買い物や食事を済ませることができる。また、梅田の「ゆめろーど千代田商店街」には、厚焼き玉子で有名な「山雄」をはじめ、昭和の雰囲気溢れる店舗が複数軒を連ねる足立区を代表する商店街であり、このエリアで頻繁に遊んでいた子供時代を思い出させてくれる。

足立区の中野浩志税理士事務所

ウォーキングコース2(足立区役所・五反野ルート)

 このルートを利用する唯一の目的は、足立区役所地下1階食堂の利用である。役所の食堂であるので、他を圧倒する美味い料理があるというわけではないが、足立区では生活習慣病予防のための積極的な野菜摂取を推進しており、食堂でも「バランスランチ」や「ベジタベランチ」といった日々健康的なメニューが提供され、かつ料金もリーズナブルである。よって、私も数年前から概ね週1ペースで継続的に利用するようになり、必然的に事務所から区役所まで通うこととなった。
 具体的なルートは数パターンあるが、最もわかりやすいのが国道四号線を北上するルートであろうか。この他五反野駅前から延びる五反野駅前通り銀座会を通るルートなどもあるが、最近私は歩きやすい裏道ルートを使っている。距離的にはどのルートであっても片道徒歩15分程度と、先の北千住ルートに比べると短く、単純往復だけであると1日1万歩には到底及ばないわけであるが、それでも自宅や事務所に引きこもって全く動かないよりは遥かにマシである。
 なお、このルート上で他にお勧めの店としては、「申々(しんしん)」「和ろく」といった和食系の店であろうか。ランチであれば(食堂には及ばないものの)比較的なリーズナブルな料金で和食コースを楽しめる点は魅力である。

足立区の中野浩志税理士事務所

ウォーキングコース1(北千住ルート)

 このコースは、これから紹介する4つの中にあって、これまで最も多く利用しているルートである。
 具体的には、五反野から千住新橋を渡り、宿場町通り商店街を経由して北千住に向かうというものであり、事務所から起算すると徒歩30分弱、往復すると歩数にして約7千歩になる。ちなみに、会社員時代は往復ともにこのルートを利用して通勤しており、駅構内の移動等も含めると約1時間のウォーキングとなるため、軽い運動としてはうってつけと考えていた。当然今でも、北千住に用がある時には(荒天や猛暑でない限り)このルートを利用している。無論運動不足の解消が主目的ではあるが、会社員時代と違って定期券がないため、交通費の節約(五反野⇔北千住は往復で約300円)という成果も得られるという一石二鳥である。
 このルート沿いの見どころと言えば、やはり宿場町通り商店街であろう。特に荒川土手近くには「横山家住宅」「名倉医院」「槍かけだんご」など、江戸時代から続く商家等が今も残っている。また、この商店街を構成する店舗・業種は多岐に亘っており、今でも夕方になると多くの買い物客で賑わっている。
 さらに食事処についても、この商店街にはガイドブックで頻繁に取り上げられたり、或いは予約が困難とされるレストランが複数存在する。詳細はそれらのガイドブックやインターネットの記事を参照いただきたいが、個人的に良く利用するのが荒川土手沿いに建つ「生涯学習センター」7階にあるレストラン。丁度ウォーキングコースの中間地点であり、かつ眺望が良いので、少し休んでお茶を飲んだり昼食を取ったりするには相応しい場所である。

足立区の中野浩志税理士事務所

足立区内のお気に入りウォーキングコース(概要)

 新型コロナウィルス感染症の拡大は収まる気配が見えず、「withコロナ」を意識した新しい生活を開始して数か月が経過しようとしている。
 私自身も趣味である海外旅行が実質的に困難となり(ちなみに、最後の旅行は年末年始に行ったチュニジア・カタール旅行であり、その後GW・夏季旅行はいずれもキャンセル)、かつ国内旅行や夜間の飲食なども一定の自粛を強いられる中、必然的に自宅に居ることが増えるようになり、その結果最近では自身の運動不足を強く意識するようになった。
 コロナ問題以前も、日常生活の中ではウォーキングや軽いジョギングなどを行うことで健康管理に努めていたが、現在も続く自粛生活の中において、特にウォーキングについては一層強い意識を持って続けている。
 そこで、旅行ブログに掲載するような内容ではないのだが、今後4回に亘って私が日常のウォーキングで利用しているコース(北千住コース、足立区役所コース、荒川土手コース、西綾瀬・青井コース)、並びにそのコース沿いの見どころや私が利用している飲食店等の紹介をしていきたい。
 ローカル色満載であり足立区民以外には全くピンとこない内容であろうが、8月の3連休やお盆休みなどの間を利用して、順次作成・掲載をしていきたい。

足立区の中野浩志税理士事務所