足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

朝のお土産騒動(ラオス・ベトナム旅行71)

 最終日となるこの日は、朝6時前に起床。早起きの理由は、ホテル内部の写真を撮りたかったからである。日中に写真を取ると他のゲストが写ってしまうなど諸々好ましくないことから、できる限り早朝の誰もいない時間帯を選ぶこととしている。
 一通りの館内散策を終えて1階のレストランに行くと、やはり私が最初のゲストであった。料理の品数はそれほど多いわけでもないが、ハム・チーズ類が充実していたことに加えて、マンゴー系のデザートがやたら多かった点が印象に残っている。無駄に品数が多いよりもこちらの方が洗練された感じがして良い。
 その後は、お土産用のホテルオリジナルブランドの茶葉類を購入しようと館内のショップに足を運んだ。このブランド茶葉はミニバーで見つけ、最初は無料で使ってよいのかと思い危うく開けそうになったが、料金表にとてつもない金額が明記されていた。だが、缶がお洒落であったのに加え、お土産用として最適かと考え、奮発して買い求めようと考えた次第。しかし、ホテルガイドには朝7時からオープンと書かれていたものの、7時10分に行っても店は開いていなかった。東南アジアでは珍しいことではないが、このクラスのホテルでもそうなのか・・・と少し落胆。気を取り直してホテルコンシェルジュにこの件を相談したところ、すぐにオープンさせるので後で来て欲しいとのこと。
 そこでチェックアウト後に行こうと考え、準備を整えてチェックアウトの手続きをしていると、先のコンシェルジュがいろいろとフォローしてくれた。そして、無事買えた後も「どうだったか?」と気にかけてくれた。開店時間にオープンしていなかったことが減点要素であるが、この時のフォローアップが加点されるので、差引き0ということにしておこう。。。

足立区の中野浩志税理士事務所


スポンサーサイト

最後のブンチャー(ラオス・ベトナム旅行70)

 ベトナム最後の夕食は、ハノイを代表するブンチャーの有名店で取った。有名店とは言いながらも、支店であるためなのか店内は閑散としており、18時前とは言え私以外に2組の観光客が居るだけであった。
 料金は、ブンチャー(6万)+春巻き(3万)+サイゴンビール(2万)=11万ドン(約550円)。ハノイ大教会前に立地する食堂のブンチャーが3.5万ドンであったので、6万ドンは相当強気であるが、これは有名店であるが故のブランド代であるのか。味覚に疎い私的には、前日名も知らぬ食堂で食べたブンチャーとそう変わらなかったのだが・・・
 夕食後は、来た道を戻り19時前にホテル帰着。ホアンキエム湖沿いは散歩や体操を行う地元民や食事や散策を楽しむ観光客などで賑わっており、かつ気候も良かったので大変快適な移動時間であった。
 その後部屋に戻りシャワーを浴びてのんびりしていると、突然部屋のベルが鳴った。こちらから何か依頼した覚えはないので、とりあえず1回スルーしたところ再度ベルが鳴らされた。何かと思ってドアを開けると、ホテルマンがウェルカムスナックと称してマカロンを持ってきてくれた。心遣いは大変有り難いが、突然であるとびっくりするので、できればスナック類はあらかじめ部屋に置いて欲しい。

足立区の中野浩志税理士事務所

不明瞭なチップ相場(ラオス・ベトナム旅行69)

 最初に訪れた日本語の看板がある店は、2時間先まで予約で一杯とのこと。次に訪れた店は複数のガイドブックで紹介されている有名店であり、こちらは幸いにも予約なしで入ることができた。
 フット+ボディの合計2時間コースで料金は28万ドン(約1,400円)。料金的に決して割高ではないことに加え、施術レベルは完璧であり、正直言ってラオスの比ではない。施術時間が10分程度少なかったことが唯一の不満であるが、これについては(これまでも何度か経験している)時間の起算がフットバス開始時or施術開始時のどちらなのかに係る誤差である可能性もある。
 施術が終了して会計タイム。ラオスでチップに悩むことはなかったが、ベトナムでは相当悩んだ。基本1割の3万ドンでOKだと考えていたが、ネットでは5万~10万ドンといった数値も結構出回っている。これはタイのマッサージも同様であり、2~3割をチップで渡すべしといった意見も少なくない。実際の相場観はどうなのであろうか。いずれにしてもこのネットの意見に影響され、私は5万ドン渡そうと決めていた。会計で30万ドン渡してお釣り2万ドンを受け取ると、店員から「(私の施術を行って今横に立っている彼女にあげろ」との指図。
 十分理解していることに対して指図されること自体非常に不愉快であったが、そのまま帰ってしまう観光客も少なくないのだろう。それよりも気になったのは、この流れからするとチップは2万ドンでも問題なしということになる。ではこの時実際にはどうしたか、私はあらかじめ別にしまっておいた5万ドン紙幣をさり気なく渡すと、これまでずっと無愛想であった彼女が「サンキュー」とお礼を言った。昨年訪問したホイアンでの経験も踏まえると、やはり1割(1万ドン未満は切り上げ)が順当ではないかと思うのだが・・・

足立区の中野浩志税理士事務所


行って良かった(ラオス・ベトナム旅行68)

 ハノイ大教会からホアロー収容所までは徒歩15分程度。大通りを幾つか横断する必要があるため若干難儀したが、間合いを見計らって素早く動いたので問題はなかった。
 ホアロー収容所(入場料は3万ドン=約150円)は、私が午前中に訪れた2つの博物館に比べれば敷地面積は小さかったように思えるが、にもかかわらず多くの見学者で非常に混雑しており、特に欧米人観光客が多かった。
 収容所の外観は美しい黄色で、知らない人にとってはオシャレなカフェのように見えてしまうかもしれない。そしてその周囲を取り囲む高い壁は、囚人たちを逃がさないために造られたものであり、当然のことながら大変頑丈な造りになっている。
現在見学できる部分は、当初の面積の2割程度とのことであるが、その恐怖は十分に伝わってきた。屋内の展示されている足枷やギロチン、独房や集団房などを見る度に、収容者がどれだけ過酷な生活を送っていたかが理解できた。結局、往復の移動や内部での休憩時間を含めて2時間以上費やしたのだが、今考えても本当に行って良かったと考えている。
 見学を終えた後は、再度ハノイ大教会が建つ通りに戻り、あらかじめ目星を付けておいたマッサージ店を訪れることにした。

足立区の中野浩志税理士事務所

もう1か所行くかどうか(ラオス・ベトナム旅行67)

 昼食後は、ホアンキエム湖上に浮かぶ「玉山祠」を見学。朱色の橋や祠内に展示される大亀は印象に残っているが、一度行けば十分というスポットであろう。
 続いてホアンキエム湖を約半周し、さらに数分歩いてハノイ大教会に到着。教会周辺は観光客で賑わっており、彼ら目当てのバイタクや各種店舗が立ち並ぶ非常にツーリスティックなスポットであった。ちなみに、この日の夕方に私はこの通り沿いのマッサージ店に行くのだが、その訪問タイミングについては悩んでいた。
 ハノイ大教会→マッサージ→ホテルの順で行けば、夕方以降ホテルでのんびり過ごすことができ、これは大変魅力的なプランではある。一方で、ベトナム戦争時代に使用された「ホワロー収容所」には、是非足を延ばしたいとも考えていた。ハノイ大教会からホアロー収容所までは歩けない距離ではなかったが、往復すると結構面倒であることに加え、車道横断にもそれなりに気を使う。加えて、往復の移動時間+収容所見学時間でかなり時間を費やすことでホテルチェックイン時間が遅くなり、高額を支払ったホテルでの滞在時間が短くなることにも抵抗があった。
 考えても結論を得ず、自分の行動に任せようと思ったら、予想通りホアロー収容所に向かって歩いていた。やはりのんびりホテルライフよりも、足を使った観光が好きなのである。

足立区の中野浩志税理士事務所

FC2Ad