FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

観光バスの人気度(イギリス・アイルランド旅行22)

 私がこれまで訪問した多くの都市では、市内の主な見どころを巡る2階建のシティツアーバスが運行されていたが、その利用者数はそれほど多くなかったという記憶しかない。少なくとも1階~2階が全て観光客で満席になるような事態は皆無であった。
 しかし、ベルファスト及びこの後訪れるダブリンでは全く違った。特に午後は2階席を確保できればラッキーであり、場合によっては1階でも席を確保できず立席というケースにも遭遇した。なぜにこうも違うのだろうか、未だに非常に不思議である。
 最大の理由は、この時期がヨーロッパのピークシーズンであることから必然的に観光客が多くなることだろう。次にこれらのバスは、公共交通機関でも行けない郊外の観光スポットも網羅していることから、普通の中心部を巡るバスに比べても利便性が高いことも大きい。さらに、運行間隔が15~20分程度と安定していることも好材料である。一方で難点はチケット料金の高さであろう。ベルファストのバスは10ポンドとかなり抑えめであったが、ダブリンでは25ポンド、(私は利用していないが)ロンドンもほぼ同額ではないだろうか。
 それでは利用した私の個人的な感想はどうかと言えば、やはり利用価値はあると言わざるを得ない。だが、あまりこのバスに頼り過ぎると地理感覚がなくなってしまい旅の面白さが半減するので、自分の足で散策もしっかり行うことが肝要であろう。

足立区の中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト

観光バスは何処(イギリス・アイルランド旅行21)

 この日は8時半に起床。この位の起床時間であれば体も楽であるが、残念ながらこの旅でのんびり朝を過ごせたのはこの日だけであった。
 ゆっくり朝食を済ませ、9時半過ぎにホテルを出発して向かったのはセントジョーンズマーケット。金~日曜日しか開催されないので、この日を逃すと見学できず、かつホテルから至近距離にあったことから訪問した次第である。本格的な開始時間前に入ったので賑わいは今一つであったが、飲食・衣料・アクセサリーなど様々な物品が販売されており、おそらく午後には相当の賑わいを見せるのだろう。結局、午後は別の観光スポットに時間を取られたために再訪はかなわなかったが、できればもう少しじっくり見学したかったところである。
 その後は、マーケット前のバス停でベルファスト市内を巡る観光バスを待つも来る気配がないので、バスを見つけるべく適当に移動開始。前々日の午後は至る所でバスを見つけられたのだが、本当に必要な時に限って見つからないというお馴染みのパターンである。
 10分ほど歩くとようやく赤信号で停車中のバスを発見したので、ノックして乗り込むと回送バスであった。だが、ドライバーが出発場所まで連れて行くとのことであったので、そのまま乗車して10分ほどでバスのスタート地点に到着。無事ツアーバスに乗り込むことができた。

足立区の中野浩志税理士事務所

長かった1日(イギリス・アイルランド旅行20)

 仕方なくダンルース城の外観のみ写真を撮り、30分ほどでダンルース城を後にした。ポートラッシュ到着後は中心部のカフェバーでステーキセット+ハーフギネスで20ポンド。味も至って普通であり、小さな港町でこの料金は法外と言っても良いくらいであるが、イギリス・アイルランドにおいてこうしたカフェで普通にディナーを取れば、少なくともこの位かかることが次第にわかってきた。この地域を旅行する際の難点の1つは物価が高いこと、そしてもう一つは食べ物の種類であることを確信した。
 食後はしばらくポートラッシュ中心部を散策。帰りはポートラッシュからベルファストへの直通電車に乗って2.5時間ほどでベルファストに帰着。到着は21時前であったが空は明るい。いずれにしても長い1日であった。
 最後に、前述の通りこの日帰り旅行では1日券を利用した。このチケットを買うべきか否かについては、無論どれだけバスを利用するかによるが、少なくとも各地点でチケットを買う手間が省けたことを思えば、個人的にはメリットは十分あったと考えている。

足立区の中野浩志税理士事務所

5分差で涙(イギリス・アイルランド旅行19)

 ブッシュミルズ蒸留所はツアー方式での見学であり、私は14時15分~の1時間ツアーに参加した。東洋人は私だけであり、かつ英語ツアーということで難解な部分も多かったが、ツアー自体はなかなか興味深かった。ツアー後はお待ちかねの試飲タイム。試飲会場の雰囲気も良くしばらく時間を過ごし、続いて隣接するお土産物店を物色した。
 こうして結構な時間を費やし、予定したバスに乗るべくバス停で待つものの、バスは30分近く遅れて到着。やはりコーズウェイ付近での渋滞が影響しているのだろう。仕方ないと思いながら、この日最後の目的地であるダンルース城到着は16時30分。そこから数分歩いて城前の入場口に辿り着くと、何と既にクローズとのことであった。
 ガイドブックでは入場は18時迄となっていたので安心していたのだが、最近17時迄に変更となったらしく、最終入場は16時半。入り口で何とかならないか係員に交渉したが、やはりダメであった。このダンルース城を逃したのは、この旅行の最大の失敗であったと言っても良いだろう(ダブリンで起きた電車の乗り間違えよりも痛い)。
 ブッシュミルズのツアー後にすぐダンルースに戻っていれば、或いはそもそもブッシュミルズに行かなけばと考えても後の祭り。今言えることは、本当に行きたかったのであれば、英語版のホームページでしっかり最新情報を確認しておくべきであった。なぜなら、今回旅した地域に関して言うならば、いつも持参している日本語ガイドブックに記載されている事項について変更や誤りが非常に多かったからである。

足立区の中野浩志税理士事務所

大自然の中の散策(イギリス・アイルランド旅行18)

 コーズウェイでは、日本語のオーディオガイドを聞きながら決められたルートを散策。散策ラインは短いものから長いものまで数種類あり、私は往路ブルーライン+復路レッドラインというルートを選択した。
 エリア内はキャリックリードを遥かに上回る観光客で溢れており、皆思い思いに散策を楽しんでいたが、私のようにしっかりオーディオガイドを聞きながら散策している人は非常に少なかった。折角の機会なので、じっくり時間をかけて大自然の成り立ちや由来などについて学びながら散策を楽しみたいところである。評価としては、この日帰り旅行の中ではベストスポットであっただろう。
 1時間半ほど散策を楽しんだ後は、バスでブッシュミルズというウィスキー蒸留所に足を延ばした。このスポットは時間がなければスキップして、最後の目的地であるダンルース城まで向かう予定であったが、ここまでの行程が順調であったことから行くことにした。
 しかし、ここでコーズウェイ付近の渋滞により乗車予定のバスが20分ほど遅延。マイカーが列を成しており、バスが目の前に来ているにもかかわらずバス停に到着できないのである。そしてここから始まるバスの遅延が、この後の行程に大きく影響することになる・・・

足立区の中野浩志税理士事務所

FC2Ad