足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

新設法人を訪問

 今日は、知人の紹介により都内の法人を訪問した。
 本法人は、昨年設立されたばかりの新設法人であり、今後本格的な事業展開を控える中、税務・会計面における不安・疑問を払拭したいとの思いから知人を通じて当方宛依頼があったものである。
 法人設立に至るまでの手続きやその後の経理面における処理はほぼ完璧に行われており、その精度の高さには驚かされた。開業費の範囲・取扱いや購入備品等について費用or資産計上のどちらなのかといった話はあったものの、既にこのレベルの会話が交わされているという時点で十分である。
 今後同社は、単なる「製造業」という枠組みにとどまらずに、製品展示・イベント・観光といった「サービス業」としての事業展開も意識し、もって地域活性化を図っていきたいとのこと。今後の取り組みに強く期待すると同時に、機会を得られれば具体的な支援にも携わっていきたいところである。

中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト

会員研修会に参加

 今日の午後は、東京税理士会主催の会員研修会(於:日比谷公会堂)に参加した。同会では定期的に会員向けの税務研修会を開催しており、それらに参加することで最新の税務知識等の修得・補充を図ることが可能である。ちなみに、会員はこうした研修会を一定時間数以上受講することが努力義務として課されている。
 研修テーマは「会社法と資本取引に関する税務」である。資本取引は普段のルーティン業務において決して頻繁に登場するテーマではないが、税理士業務を遂行していく上では重要である。自己株式関連をはじめ自身の有する知識の再確認・再整理を行うことができたという点において、非常に有意義な研修であった。

中野浩志税理士事務所

2月決算申告作業が終了

 今日は、決算申告書への署名・捺印のために2月決算のクライアントを訪問した。昨日の雨空が嘘のような晴天、かつ非常に歩きやすい温暖な気候である。また、車や公共交通機関を使用せずに徒歩で訪問できることは、時間管理の面においても大変有り難い。
 当所では、署名・捺印前に一通りの決算概要や財務分析の結果等についてお示しすることとしているが、ここ数年の景気低迷の影響を直接的に受けていることが十分読み取れる状況である。無論、これは同社に限った話ではないのだが・・・
 これで2月決算申告作業は全て終了した。今後しばらくの間は、顧問契約先の月次処理と3月決算事業所の決算申告作業を並行して行っていくことになる。1件1件丁寧かつ正確な処理を心掛けていきたい。

中野浩志税理士事務所

ホームページ作成助成金

 今回、本ブログ開始と並行して事務所のホームページも公開した。
 ホームページの作成を外部業者に委託した場合には結構な費用がかかるため、小規模企業者にとっては大きな負担となる。こうした負担軽減を図るべく、多くの自治体において事業者のホームページ作成費用の一部を助成する措置が設けられている。足立区においても、一定の要件を満たす場合には助成対象経費の半額(上限5万円)の助成を受けることができる。
 ちなみに必要書類は、①所定の申請書、②作成したホームページ画面のプリント、③支払明細のわかる領収書、の3点だけである(詳しくは同区のホームページhttp://www.city.adachi.tokyo.jp/005/d03700003.html参照)。このような諸施策の利活用を通じて事業所のPR・販売促進等を図っていくことも効果的ではないか。
 本助成金以外にも小規模企業者が活用可能な施策メニューが幾つか用意されているが、それらについては折を見て触れていきたい。

中野浩志税理士事務所

六町ミュージアム・フローラ

 足立区に建つ美術館「六町ミュージアム・フローラ」が本年6月にオープン予定であり、それに先立ち現在プレオープン中である。
 同美術館は、日本固有の変化に富んだ四季の素晴らしさや美しさなどを多くの人々に伝えるとともに、芸術への理解増進や新進の創作奨励を図り、もって我が国の文化及び芸術の振興・発展に寄与することを目的として建設されたもの。
 建物は、屋上・内部壁面の緑化によるヒートアイランド対策の実施、雨水を利用した自然ろ過を図る環境システムの構築、太陽光発電の導入など「環境」をコンセプトとした施設設計となっている。
 館内では、常設展や特別企画展が開催される他、学芸員の解説又は作家によるトークショーなどの特別講座やイベントも実施される予定。さらに、展示室や多目的室は、団体・個人が様々な文化的展示会・発表会や個展等を開催するための貸室としても供される。
 所在地や開館日等の詳細については、ホームページ(http://rokucho-museum.sakura.ne.jp/)参照。

中野浩志税理士事務所

商工会議所の会員になりました。

 最近、東京商工会議所から財務・労務・販売管理などの各種研修会やセミナー等の案内が次々と事務所宛に送付されてくる。実は、4月から同所に入会したためである。
 数年前までは職員という立場で地域総合経済団体である商工会議所の事業活動に携わってきたが、今後は会員事業所という立場で関係していくことになる。
 ちなみに東京商工会議所の場合、個人事業主の年会費は1万円(この他、加入金1,000円)である。会員になると上記研修会等が会員価格で受講できるなど、商工会議所が実施する様々なサービスを受けることができる。
 個々の具体的なサービスメニューについては、また折を見て触れていきたい。

中野浩志税理士事務所

2月決算申告作業

 開業してまもなく、2月決算の会社2社から決算申告の依頼があった。
 既に1社は申告を済ませ、現在残り1社の申告書を作成中。地元の製造業であるが、景気低迷の影響を受けてここ2~3年は大変厳しい決算である。
 今回は申告書の作成だけであるが、今後は経営・財務等に関する全般的なアドバイスができるような関係を築いていければと考えている。

中野浩志税理士事務所

今日からブログをはじめます。

 東京都足立区生まれの足立区育ちです。
 大学卒業後は10年以上に亘り商工会議所に勤務するも、地域の小規模企業者のお役に立ちたいと考え、一念発起して同所を退職。会計事務所に勤務しながら税理士試験を受験・合格し、平成24年1月に地元で税理士事務所を開業しました。

中野浩志税理士事務所

FC2Ad