足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

総括(カンボジア・ベトナム旅行92)

 今回旅行では当初幾つかの難関が想定されていたが、幸いにもトラブルに見舞われるケースはなく予定通りに旅することができた。
 無論、単なる幸運に助けられた要素も少なくないが、やはり事前に想定される問題点を整理してそれぞれの対応策について十分検討したこと、並びに実際の行動についてもその範中で慎重に行ったことなどがリスク回避に大きく寄与したと考えている。特に、スラックスに内ポケットを作成し、その中にパスポートをしまっておいたことは精神的負担を半減させ、スムーズな行程管理に大いに寄与したと考えている。これまで再三述べているとおり、私の所持品の優先順位は、①パスポート、②携帯電話(カメラ)、③財布であり、最低限①さえ守れば、行程上多少の制約は受けるものの大きな支障はないだろう。
 つまり、決して安全ではないと言われている国を旅する場合においても、今回のように用心深く行動することで相当程度のリスク回避は可能であると考えられる。しかし、当然慢心は禁物であり、即レッドカードに繋がるような重犯罪に巻き込まれるような事態も100%発生しないという保証は全くない。この点は、今後観光未開発国を旅する上でこれまで以上に留意しなければならない点であろう。
 おそらく次の年末年始も東南アジアを旅することになると思うが、その際には今回の教訓を生かし、これまで以上に充実した満足のいく旅にしていきたいと考えている。
(完)

中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト

5時間のフライト(カンボジア・ベトナム旅行91)

 こうして2度の夕食を済ませてホテルに戻り、荷物を引き取ってホテルから(ホテル側でコールした安全な)タクシーに乗車した。
 クロークとドアマンには各チップ4千ドンを与えるなど気遣いを見せ、タクシーも特にトラブることなく20分ほど走って12.2万ドン(約610円、うち空港使用料3千ドン)という適正料金で無事空港に到着したので、端数の8千ドンをチップとして渡した。帰りは現地通貨が余るケースが多いので、おそらく私に限らず旅行者は多少気前が良くなると思われる。
 空港到着は21時過ぎであり、チェックイン・荷物検査をあっという間に済ませ、搭乗口前で2時間近く待った。空港内はやはり日本人旅行者が多く、余った現地通貨で免税店を物色している様子を各所で目にした。
 フライトは定刻通り午前0時(日本時間の午前2時)に出発し、成田には早朝7時に到着という僅か5時間のフライト。しかも、離陸直後にドリンクサービス、着陸2時間前に朝食がサーブされるので、まとまった睡眠を取ることはほぼ不可能である。これは短距離なアジア路線に共通する事象であり、帰国直後は寝不足が結構辛いのだが、こればかりは頑張って乗り切るしかないだろう。

中野浩志税理士事務所

ブーナディミニャーツァ

 今年の夏休み(7月18日~28日)は、ルーマニア・ハンガリーの2か国を訪問した(旅程は以下参照)。
 これらの国を選定した理由としては、夏季がピークシーズンである欧米地域の中において、魅力的な観光資源を有しているが日本人旅行者がそれほど多くない国という観点から自然と絞りこむことができた。
 ルーマニアについては、事前の情報収集段階において治安面に問題がある旨の記述を数多く目にしており、直前まで犯罪対策に関するイメージトレーニングを行うなど細心の注意を払っていた。しかし、実際に訪問した感想としては記載されているほど悪くなく、若干ダークな当初イメージを完全に覆す素晴らしい国であった。
 一方ハンガリーについては、フランスやイタリアと肩を並べる観光都市と言っても過言ではないほどのヨーロッパ特有の様々な魅力が溢れており、将来的に日本からの直行便が就航すれば、日本人観光客が激増することは明らかであろう。
 なお、詳しい旅行体験記については後日紹介したい。

(旅程)
7/18~19 成田からイスタンブール経由でブカレスト(ルーマニア)着 【機中泊】
7/19 終日ブカレスト観光 【ブカレスト泊】
7/20 ブカレストからシナイアに移動・観光 【シナイア泊】
7/21 シナイアからブラショフに移動・観光 【ブラショフ泊】
7/22 ブラショフからシギショアラに移動・観光 【シギショアラ泊】
7/23~24 シギショアラ観光、夜行列車でブダペスト(ハンガリー)に移動 【車中泊】
7/24 ジュール・コマーロム観光 【ブダペスト泊】
7/25 終日ブダペスト観光 【ブダペスト泊】
7/26 終日ドナウベンド観光 【ブダペスト泊】
7/27~28 ブダペスト観光、ブダペストからイスタンブール経由で成田着 【機中泊】

中野浩志税理士事務所

2度の夕食(カンボジア・ベトナム旅行90)

 両替後は、前日訪れた店でマッサージを受けて再度ベンタイン市場付近に戻り、この日1度目の夕食を取ることにした。この時に入った店は、ガイドブックにも掲載されているベンタイン市場付近にあるフエ料理店であった。そして、ここで食べた「コム・ヘン」という料理がベトナム滞在中における断トツのベスト料理であった。
 「コム・ヘン」とは、貝・せんべい・香草・ゴマといった具をご飯に混ぜたフエの家庭料理であり、私が食べたコム・ヘンには豆や干した小魚風の具も含まれた盛り沢山の内容であり、いかにも健康的な庶民料理という感覚であった。このベスト料理とサイゴンビールで7.5万ドン(約375円)はリーズナブルプライスであろう。昼食の失敗を一気に取り戻したと言って良い。
 食後はしばらく市内散策。この日のフライトは23時55分発であるので、ホーチミン空港には21時半までに到着すれば十分である。しかし、時計を見るとまだ19時半である。時間を持て余したことに加えて小腹も空いてきたので、この日2度目の夕食を取ることにした。できれば「パインセオ」と呼ばれるベトナム風お好み焼きを食べたかったのだが、提供してくれそうな店が見当たらなかったので、前日入ったフォーのチェーン店(前日訪れた店とは別の店舗)で、「フォー・ダック・ビエット」という、通常のフォーよりもアップグレードした具沢山の豪華フォーをオーダーした。料金はココナツジュースと合計で10万ドン(約500円)と割高だが、ホーチミン最後の夜にベトナム料理を思う存分堪能できたという点では満足である。

中野浩志税理士事務所

両替相場の落とし穴(カンボジア・ベトナム旅行89)

 買い物を終え、予定している行程はマッサージと夕食のみとなった。しかし、このままでは手持ちのドンが不足することが明らかであったので、米ドルからベトナムドンに少し両替することにした。
 ベンタイン市場付近の両替所で相場を確認すると1ドル=2万210ドンであった。悪くない相場と考えて即座に両替実行。しかし、店員から渡されたドン紙幣は40万ドンであった。残りの4,200ドンについて確認したところ、店員は私が確認した両替相場が記載されたペーパーの下段に表示された数値を指さした。そこには確かに2万ドンと記載されており、結論としては、私の読み誤りであった。
 実は、約3年前にチェコで両替した際に二重両替相場の存在を知らずに失敗したことがあったが、本件はこれを彷彿とさせる出来事である。今回は4,200ドン(約21円)程度なので実害は皆無に等しいが、不自然な数値が幾つも記載されている両替所を利用する際には、必ず紙に相場を記載した上で店員に見せて同意を得てから実行するという手続きを遵守すべきであることを改めて認識した一件であった(但し、空港内のようにSELLとBUYの数値が1つずつ記載されているシンプルなケースにまで同様に対処する必要はないと思われる)。

中野浩志税理士事務所

値段交渉のセンス(カンボジア・ベトナム旅行88)

 戦争証跡博物館見学の後は、ベンタイン市場でご当地Tシャツのお買い物である。スリが多く十分な注意を要するとされていた同市場であるが、予想したほどの人混みではなかった。しかし、客引きの押しは結構強く、何か所からの店では強い引き止めに遭って彼らを振り切るのに若干苦労した。
 市場内を散策している中で1~2か所のTシャツ店に狙いを絞り、値段を確認すると12ドルとのこと。吹っかけ率は数倍とカンボジアに比べて悪質である。カンボジア相場(1枚2ドル)から判断するとベトナムならば3ドル程度、そして先ほど呼び込みが5枚で10ドルと言っていたので、この時点では1枚2~3ドルが適正相場と思われた。
 実際の交渉の経緯は、私から3ドル→店側4ドル→私から再度3ドルで交渉成立であったが、最初の私の切り出し価格は2ドルで十分だったと少し反省している。しかも、このTシャツは最初に確認した生地の感触に反してかなり薄手であり、これなら2ドルで十分という代物であった。カンボジアでも同様であったが、どうも私には値段交渉のセンスがないようだ。

中野浩志税理士事務所

某ガイドブックに対する評価と期待

 個人旅行者にとって最もメジャーな某ガイドブック(地球の〇〇〇)に対する評価については、個人旅行者によって大きく分かれている。私個人の総合的な見解としては、大変有益な情報が多数掲載されており、様々な場面において極めて有用性の高いガイドブックであると高く評価している。しかし、残念ながら現時点において、本ガイドブックが紹介していない(或いは極めて限定した紹介にとどまっている)エリアも少なからず存在する。
 例えば、アフリカ大陸については、北アフリカ(チュニジア・リビアなど)や東アフリカ(ケニア・エチオピアなど)バージョンが存在するにもかかわらず、西アフリカバージョン(例:ガーナ・セネガルなど)は発行されていない。また、旧ユーゴスラビアを構成していた諸国のうち、セルビアやボスニア・ヘルチェコビナについては、「中欧」という括りで数ページ程度紹介しているに過ぎない(いずれも平成26年7月時点)。
 こうした決してメジャーとは言えないエリアについても、ある程度網羅的に調査・紹介することにより、未知なる魅力ある観光資源の発見に大きく寄与するものと考えられる。是非今後に期待したい。

中野浩志税理士事務所

ベトナム戦争の悲劇(カンボジア・ベトナム旅行87)

 戦争証跡博物館には2時間ほど滞在したが、クチトンネルとは打って変わってベトナム戦争の悲惨さが切実に伝ってくる非常にシリアスな展示である。
 その中でも特に衝撃を受けたのは化学兵器に関する展示である。米軍が使用した化学兵器の影響により誕生した奇形胎児の話は日本でも話題になったことがあったが、その影響は私が理解していた以上に多大かつ深刻であったこと、そしてその影響が戦争終結から数十年経った今でも色濃く残っていることについて驚きを隠せなかった。また、当時の状況を撮影した数多くの写真は大変生々しく、それぞれに付された解説や被害状況に関する記録等を参照することにより、ベトナム戦争の悲劇が一層切実に伝わってきた。
  一方、ベトナム戦争に至るまでの様々な経緯や日本とのかかわりなど、これまで私が不十分であった事項に関する知識を得られたという点についても、大変意義深かったと考えている。東南アジアの近代史は学校の授業において学ぶ機会が少ないが、日本の近隣諸国の歴史を学ぶことは、円滑な異文化コミュニケーションを図る上でも必須であると考えられる。

中野浩志税理士事務所

最悪の昼食(カンボジア・ベトナム旅行86)

 クチトンネル見学を終えてツアーオフィス前には13時半頃に到着。引き続きベトナム戦争に関する資料が多数展示されている戦争証跡博物館に向かいたいところであったが、朝から何も食べていないので先に昼食を取ることにした。
 まずはタクシーで博物館付近まで移動。前日同様に流しのタクシーで10分ほど走って2.9万ドン(約145円)なので全く問題ないであろう。問題はこの後である。少し歩いてガイドブックに載っていた「コム・ヘン」(チキンライス)の店に入ったのだが、飯の上に乗っているチキンは骨だらけで食べられるところが半分もない。この極めて中途半端な料理+ココナツジュースで12万ドン(約600円)は、コスパ的には本旅行期間を通じて最悪と言って良いだろう。入店時間が昼食のピーク時間を過ぎていたとは言え、広い店内にもかかわらず利用客が疎らであったことに十分納得した。
 こうして不十分な昼食を済ませ、腹が満たされぬまま戦争証跡博物館の門をくぐった。

中野浩志税理士事務所

ベトナム戦争の遺跡(カンボジア・ベトナム旅行85)

 クチトンネルは、ベトナム戦争当時に南ベトナム解放戦線(北ベトナム側)の拠点となっていた基地であり、トンネルの総距離は250kmにも及んでいる。現在は、このトンネル付近の敷地一帯が見学用施設として整備されており、トンネルの一部に入ることができる他、当時使用された兵器や地下生活の様子を復元した家屋などが展示されている。
 まず敷地内に入ると、ベトナム戦争に関する上映ビデオを10分程度観た後、戦争で実際に使用された各部屋や地下生活の様子を再現した人形、さらにはアメリカ軍の戦車などの展示物を足早に見学していった。ガイドの説明はかなり丁寧で良かったのだが、結構ペースが早かったので写真を撮る時間が十分になかったことが残念であった。
 見学を一通り終えた後は、敷地内の土産物店で休憩となった。土産物店の隣には射撃場があり、大きな音がひっきりなしに鳴り響いていた。実射料金は使用する銃によって異なるが、AK47が1発当たり35,000ドン(約175円)とかなり割高であった。ツアー参加者のうち数名が申し込んでいたようであったが、私はパスした。
 こうして実質2時間程度のツアーはあっという間に終了。ツアー内容としては決して悪くないのだが、やはり見学用に整備され過ぎていることからベトナム戦争の恐怖や悲惨さを伝える歴史資源としてのインパクトには欠けていると言わざるをえない。個人的な総合評価としては、メコンデルタツアーの方が良かった。

中野浩志税理士事務所

クチトンネルへ出発(カンボジア・ベトナム旅行84)

 ベトナム観光最終日となるこの日は、チェックアウトを済ませてホテルフロントに荷物を預けた後、前日同様にシンカフェのツアーオフィスに向かった。朝の通勤時間帯は、バイクの通行量が半端ない凄さである。道路横断時には前後左右に十分気を付けながら15分ほどで無事ツアーオフィス前に到着した。こちらも前日同様、各種ツアーに参加する旅行者達で非常に混雑していた。
 この日のツアー参加者は約40名であり、やはり韓国人家族連れが比較的多かったと記憶している。また、日本人旅行者も十名弱見かけた。出発して間もなくするとガイドが集金にやってきた。最初はオプショナルツアーに参加する場合の追加料金かと思ったが、確認したところクチトンネルの入場料とのこと。ちなみに、料金は9万ドン(約450円)であった。
 こうしてバスに1時間半ほど乗車し、9時半過ぎにはクチトンネルに無事到着した。

中野浩志税理士事務所

意外と高い食事代(カンボジア・ベトナム旅行83)

 前日夜の夕食時にも感じていたのだが、ベトナム相場は私が考えていた以上に高いと言うのが実感である。当初のイメージでは4万ドン(約200円)でお腹一杯だったのだが、少なくともホーチミンのような大都会の中心部においては、全く通用しない相場感なのかもしれない。
 マッサージを受けた後に入ったクアンコム・ビンザン(大衆食堂)。ディスプレイされている多くの料理の中から自分が食べたい料理を指さしで選べるという、地元の人々が気軽に食事できる文字通りの庶民的な食堂であり、ここなら5万ドン以内で十分であると確信した。
 しかし、ご飯+おかず2品(肉関連と野菜関連)+スープ+缶の炭酸飲料で8.5万ドン(約430円)。しかも、ベトナムではおしぼりも有料(概ね2千ドン=約10円)であることにここで初めて気付く。確かにおかず2品は比較的ボリーミーであったが、ベトナムの食堂の相場は概ねこの程度なのかと納得せざるをえなかった。

中野浩志税理士事務所

高コスパなベトナムマッサージ(カンボジア・ベトナム旅行82)

 サイゴンスカイデッキの後は、ガイドブックに掲載されていたベトナム式フットマッサージの店を訪れた。
 カウンターで確認したところ、ノーアポでも少し待てばOKとのことであった。やがて順番が回ってきて中に入ると、薄暗い室内には十台以上のマッサージソファーが所狭しと並んでおり、そこは施術を受ける人々で一杯であった。しかも、聞こえてくる話し声から推測すると、その大半が日本人のようである。有名ガイドブックの広告力の凄さを改めて感じた。
 料金は70分で22万ドン(約1,100円)であり、フットマッサージの後には簡単なボディマッサージも受けられる。施術はカンボジアと比べてればやや良、マレーシアよりもやや劣というレベルであり、総合評価としては良である。また、チップは不要のようだが、施術内容が良かったので帰り際に1ドル与えたら喜んでいた。
 ちなみに私は、翌日もわざわざこの店を訪れて施術を受けたのだが、偶然にもこの日と同じ施術担当者が付いた。日本人は男女問わずマッサージ好きだと思われたことだろう・・・

中野浩志税理士事務所

タワーの入場料(カンボジア・ベトナム旅行81)

 サイゴンスカイデッキは、2011年にオープンした地上178mの展望台であり、ホーチミン市内を360度見渡すことができる。入場料は20万ドン(約千円)と、今回旅行においてアンコールワット以外の観光施設の中では最も高額である。
 ちなみに私は、各国を旅行した際には基本的に〇〇タワー・〇〇塔とった展望施設を訪れることにしているが、こうした展望施設は先進国・発展途上国にかかわらず千円以上の高額料金を徴収されることが多い。建設工事費を回収するためには仕方がないのだろうが、特に発展途上国の旅行においては結構痛い散財である。だが、折角訪れたのだから高い場所から街の眺望を楽しみたいという誘惑に負けて、少なくとも金銭的なスキップしたことは皆無である。
 サイゴンスカイデッキの特色としては、デッキから見える市内の主要建造物に関する説明がコンピュータ画面上でわかりやすく表示されている点である。また、設置されている望遠鏡は無料で利用できる。デメリットとしては一部方角の窓ガラスが汚かったということだろうか。なお、入場料ほどの価値があるかという点についての総合的なコメントは差し控えたい。

中野浩志税理士事務所

初タクシー(カンボジア・ベトナム旅行80)

 メコンデルタツアーを終えた後は、即座に明日のクチトンネル半日英語ツアーの予約を行った。予約方法は前日経験済なのでスムーズに対処できた。こちらも12万9千ドン(約645円、他にクチトンネルへの入場料が必要)と格安であり、メコンデルタツアーと並ぶホーチミンの2大人気ツアーの一つである。
 既に17時過ぎなので大部分の観光施設は閉館しているが、唯一サイゴンスカイデッキと言うホーチミン一高いタワーだけは夜間も開館しているので、早速訪れることにした。しかし、シンカフェのツアーオフィスからは2キロ近く離れているので、さすがに徒歩は厳しいと考えてホーチミン初タクシーにチャレンジすることにした。
 鉄則通りに呼び込みを無視し、公園付近に待機していた安全そうなタクシーに声を掛けて行き先を告げた。ベトナムタクシーの初乗りは1.1万ドン(約55円)程度であり、今回は約10分かけて1.5キロを走り2.7万ドン(約140円)であったので、チップも含めて3万ドン支払って降りた。ほぼ正価と考えて良いだろう。ちなみに、流しのタクシーは翌日も1回利用しているが、やはり正価で乗車できた。この乗車方法を徹底するだけでも大きなぼったくりに遭う確率は格段に減るので、多少手間はかかるが今後も継続したい。

中野浩志税理士事務所

今年の海外旅行計画

 今年も例年通り何回かの海外旅行を予定している。渡航先については、夏は10日間程度で欧州、秋は3連休絡みの数日間で比較的近場の東南アジアショートステイ、年末年始は10日間程度で方面問わずというところか。
 無論、今夏(7月18日(金)~28日(月))については航空券・宿泊先の手配等も含めて確定しており、今秋に関しても既に決定している。しかし、年末年始については渡航候補先を絞り込めておらず、今後様々な情報をベースとして検討・決定していくことになる。
 検討に当たって最大のネックになっているのが、「南米訪問」の可否である。未踏の大陸であるこのエリアに是非足を運びたいという気持ちは極めて強いが、地理的要因(訪問国や経路にもよるが、往復フライトの合計時間が約60時間)をはじめ幾つかの問題があり、なかなか容易に決断できない。年齢を重ねる毎に渡航意欲が萎えてしまうことを考慮すると、できる限り早期に対応することが好ましいのだが、はてさてどうなることか。

中野浩志税理士事務所

盛り沢山のツアー(カンボジア・ベトナム旅行79)

 昼食後は、蜂蜜や南国フルーツを食べながらの民族音楽の鑑賞(別途自主的にチップ1万ドン渡す)、馬車や手漕ぎボートによるデルタ内移動、ココツキャンディー工場見学、といった盛り沢山のツアー内容を約3時間満喫した。そして、特に何らのトラブルもなく予定通りに15時頃にメコンデルタを出発し、17時前にはツアーオフィス前に到着・解散した。
 各工程についての詳細は割愛するが、全ての行程がシステマチックに組まれており、迎える側も非常に観光慣れした様子であっただけに、ベトナムのカントリーサイドの素の雰囲気を味わいたい場合には今一つに感じられるかもしれないが、私個人としては非常にコストパフォーマンスが高く、かつ満足のいくツアーであったと考えている。
 当初、1人旅で自然観光するのも浮かないと考えて、本ツアーはスキップすることも考えたが、実際に今回参加者の中には1人参加者も数名居たことから、今ではホーチミン観光には欠かせないこの定番ツアーに参加して良かったと考えている。
 また、ツアー言語の選択であるが、少なくとも本コースの場合には英語ツアーでも全く問題はなかった。少なくとも、私が参加したツアーのガイドは大した内容を話していなかったし、最低限の注意事項や簡単な解説については多少の語学力があれば十分理解できた。これからも、必要に応じて是非英語ツアーに積極的に参加したいと考えている。

中野浩志税理士事務所

FC2Ad