FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

総括(タイ・ラオス旅行64)

 フライトは定刻出発の定刻到着。その後の帰路も順調であり8時半過ぎには自宅に戻ることができた。
 今回の旅行は、最初は体調不良でどうなることか大変危惧されたが、最近では珍しく対人トラブルが皆無であったこともあり、非常に快適な旅が出来たと思う。そして、それはラオス人の気質や風情が大いに影響したことは間違いない。
 もう一つ感じたことは、富と幸福は必ずしも比例しないということである。ラオスの1人当たりGDPはASEAN最低レベルであるし、社会インフラも整っていない。人々の生活は決して豊かではなく、特に山岳部の人々の貧しさはこの目で見てきた。だが、貧しいにもかかわらずラオスの人々にその暗さは感じられない。街なかで物乞いを見掛けることもほとんどなかった。むしろ国民が幸せだと感じている割合は、日本と変わらない或いは高いのではないか。
 これで東南アジアはフィリピンを除いて一通り訪問したことになるが、訪問国数を重視するあまり密度の薄い旅になったことも否めない。今後は、特定の地域にじっくり腰を下ろして各地域の魅力を一層感じられるような旅を続けていきたいと考えている。

足立区の中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト



トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/1002-650dfa32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)