FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

ソウル乗継(ウズベキスタン旅行2)

 出発便は朝9時20分発と早かったので、必然的に6時過ぎには自宅を出発。成田空港アクセス線の乗車は6時台であったが、車内はスーツケースを持った多数の旅行者で溢れていた。最長で十連休となるGWの初日であるので、別段不思議な現象ではない。成田到着後WEBチェックイン専用カウンターで素早く手続きを済ませ、保安検査場とイミグレーションに向かう。早朝にもかかわらず多くの利用者が列を成していたが、窓口数も多いのでそれほど長時間待たされることはない点はさすがである。
 成田空港からは約2時間半のフライトでほぼ定刻通りにソウル到着。アメリカ・ヨーロッパ旅行で(大韓航空を利用して)ソウル乗継を選ぶ旅行者は多いが、この時も私を含めてトランジットゲートに向かう旅行者が数多くおり、私が到着した時には長蛇の列ができていた。
 乗継時間は約4時間あるので何の心配もなかったが、これは意外と待たされるかもしれないと思ったのも束の間、列はサクサク進んで10分程で通過できた。係員は日本同様に手際よく検査を行い、簡単な日本語も話している。また、ここに来るまでの間に見かけた多くの案内板には日本語が併記されている。この空間は、日本のそれとほぼ変わらない光景と言ってよいだろう。
 乗継便搭乗までの3時間は、空港で買った水(持参したウォン通貨で購入)と自宅から持参したチョコ菓子で凌ぎ、出発便は15時45分に予定通りタシケントに向けて飛び立った。

足立区の中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト



トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/1004-feedb3ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)