FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

グッドホテル(ウズベキスタン旅行9)

 まず初日の宿泊ホテルは、中心部とは逆方向に空港から車で10分弱の場所に立地する中級ホテル。翌朝ヒヴァに向けて出発する都合上、できる限り空港から近いホテルでそれなりのグレードであれば可と考えていたのだが、このホテルの設備・アメニティ・サービスは期待以上であった。
 到着後、ドライバーにチップ1ドルを渡してチェックイン。ここで懸念していた現地通貨スムへの両替について確認したところ、公定レートは1ドル=3千スムとのこと。前項で述べた理由により旅行中は基本的に闇利用を考えていたのだが、この時間から闇屋を見つけることは不可能であるので、翌日午前中までに使用する必要最小限の金額だけは公定レートで両替しようと考えてフロントで確認すると、1ドル=6,300スムでOKとのこと。
 喜んで50ドル札を出すと「そんなに沢山は無理だ」とのこと。交渉の結果20ドル両替で同意し、財布には到底入りきれない多数の紙幣を見て驚いた。だが、この時は最近流通し始めた5千スム札が含まれていたことから、その後貰う千スム札の札束に比べれば、十分管理可能な枚数である。
 なお、なぜホテル側が両替金額に上限を設けたのかについての理由は不明であるが、夜間であったためにホテル側の手持ちが少なかったということであると考えている。少なくともその後の行程を振り返る限り、彼らがドルとの両替を拒む理由は想定できない。この日の夕食は、自宅から持参したランチパックで済ませ、翌日の行程をざっと確認した後早めに就寝した。

足立区の中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト



トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/1011-9b2d5957
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)