FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

中心部の観光(ウズベキスタン旅行20)

 ヒヴァ初日の午後は、ひたすらガイドブックに載っている見どころを1か所ずつ見学していくというローラー観光に終始した。「キョフナアルク(古い宮殿)」「カルタミナル(未完成のミナレット)」「イスラーム・ホジャ・メドレセ(昔の神学校)」などを中心に、林立するメドレセやモスク群を片っ端から潰していく。  
 メドレセについては、これまであまり馴染みがなかったので特に興味を持って見学することができた。その途中、私がヒヴァで宿泊したかったメドレセホテルも目にしたが、仮にヒヴァを再訪する機会があれば、絶対このホテルに宿泊したいと思った。
 入場はあらかじめ購入した共通入場券で概ね可能であるが、施設によってはチケットチェックされないこともあるので、管理はそれほど厳密ではない模様。また、「パフラヴァン・マフムド廟」やキョフナアルクの展望台など一部の施設は別途入場料が必要であり、私がうっかり通り過ぎた時には当然止められた。さらに、これらの入場料はスム・ドルのいずれでも支払可能であるが、こうした施設における換算率は1ドル=3千スムの公定レートなので、当然闇でスムに両替してスムで支払えば実質50%引きになる。
 余談であるが、キョフナアルクの屋上に上る際、壁面ボードには入場料1.5ドルと書かれていたが、私が躊躇していると1ドルでOKとのこと。前述の通り、無論1ドル以上に価値あるスポットではあったのだが、入場直後にスムで支払った方が明らかに得であることに気付いてしまった。この時以来、ドル紙幣はないものと考えて旅を続けた。

足立区の中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト



トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/1022-92409137
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)