FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

ブハラの土産物店(ウズベキスタン旅行33)

 ブハラの中心部には、ヒヴァ以上に多数の土産物店が立地しており、観光施設であるはずのメドレセ全体が土産物店で埋め尽くされているというケースも少なくない。これ自体は別段良いのだが、問題は吹っかけ率が結構高く、かつしつこいのである(無論インドほどではない)。
 例えば、Tシャツはどの店も概ね10~12ドルの初回提示。適正相場は何となくわかってはいるのだが、今回ブハラで買った2枚のTシャツは、自身が考える適正相場に比べてそれぞれ1ドルずつ高かった気がする。特に初回提示額が高い場合には、この罠に陥りやすい傾向があるので要注意である。
 他に興味があった土産品としては、昔の紙幣やコインである。絶対に外国人観光客しか買わない品なので、必然的に値段が釣り上がる点は十分理解できるが、1セット20ドルと平気で言ってくる店があるのには呆れた。結局、メイン通りやや外れの店でコインセット(15枚入り)1.5万スムの良心的な店を見つけたので、1.3万スム(約220円)で購入。他の店が全て5~10ドルの初回提示であったので、これは非常に良い買い物であったと考えている。
 なお、店主の雰囲気や仕草あるいは客に対するアプローチ方法から、その店の吹っかけ度数が見えてくることがある。このコインセットを買った店は何となく「ここなら大丈夫」というオーラが伝わってきた。こうした感性は無論100%正しいものではないが、重要な要素ではあると考えている。

足立区の中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト



トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/1035-9733f239
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)