FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

2度目のチケット完売(ウズベキスタン旅行42)

 こうして話しては休み、何かあればまた話しかけるということが何度か続き、タクシーは正午過ぎにサマルカンド市内に到着。途中相当スピードを出していたにもかかわらず予定よりも多少遅れ気味であったが、ここまでは特段問題はない。問題はサマルカンド駅での出来事である。
 このタクシーを手配する際、サマルカンドからタシケントまでの鉄道チケットを買いたいので、途中サマルカンド駅に立ち寄って欲しい旨を依頼しており、その連絡は正しく伝わっていたのだが、このドライバーどうやら駅の場所がわからない様子。乗っている私が見ていてもイライラする位の要領の悪さであり、最後は道順を尋ねた人を車に乗せ、彼にナビゲーションを頼んでいた。ちなみに、この人はサマルカンド市内の学校に勤める英語教師とのことであり、彼のおかげでようやく駅に到着することができた。そして、ドライバーと一緒にチケット売り場に向かうと、そこは1つの窓口の前に人だかりが出来ているという非常に好ましくない状態であり、お行儀よく待っていたら1日経ってもチケットが買えないことは明らかであった。
 とりあえず駅員との交渉はドライバーに任せ(彼は英語が多少わかるので、どの時間・クラスのチケットを買いたいかなどあらかじめ詳しく伝えていた)、私はポジション確保に徹した。おかげ割り込み被害には遇わなかったが、窓口の回転が非常に悪く、何とここで約40分待たされた。そして結果は最悪の全席売切れ。行きたかったトイレを我慢して粘り強く待っていたにもかかわらずである。この時が間違いなくこの旅行中で最も辛く苦しかった瞬間であった。

足立区の中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト



トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/1045-6b903ac5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)