FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

路線バスで観光案内(ウズベキスタン旅行56)

 地下鉄のチョルスバザール駅で下車し、まずは徒歩2~3分の場所にある「クカルダシュ・メドレセ」に向かった。ゲート前にチケットカウンターらしき場所があったので、料金を確認すると、カウンター上に貼ってあるボードの金額を指で示してきた。その金額は何と4万5千スム(約750円)。ぼったくりにしては法外も良い所であり当然パスしたが、後から考えると何らかの誤解があったようにも感じる(何らかのオプションサービス込の金額など)。
 次に、チョルスバザールの北にあるメドレセ・モスク群に足を延ばすべく、バス乗り場に向かった。ガイドブックには96番バスを利用すべしと記載されていたのでしばらく待っていると、案内係の中年男性が声を掛けてきた。目的地の写真を見せると、すぐにこのバスに乗車せよとの指示。窓には42番と記載されていたが、信用できると判断したのでそのまま乗り込んだ。ちなみに、43番・111番バスも同じ方向に行くようであり、これらのバスは頻発しているので、バス乗り場さえ見つかればわざわざタクシーを利用する必要はないと思われる。
 私の座った席はドライバー席の隣の助手席であり、車窓からの眺めは抜群であるとともに、目的までに向かうまでの間はドライバーによる観光案内という特典も付いていた。かつ、目的地に近づいたらしっかり教えてくれるし、これで料金は1,200スム(約20円)。利用しない手はない交通手段であるが、唯一の難点は途中様々な場所に停車して乗降も多いので、多少時間がかかることであろうか。

足立区の中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト



トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/1059-500a9c9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)