FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

空港再開だが(ブルガリア・セルビア・ハンガリー旅行6)

 14時半を過ぎると若干状況が変わってきた。空港再開のニュースが伝わり、待ち疲れた搭乗客にも活気が出てきた。しばらくすると、大声で「ヨハネスブルク」と触れ回る係員の姿を目にした。出発空港毎に適宜イスタンブールへのフライトを再開するのであろう。出発時刻の順番からすれば成田は3番目であり、あと1時間位で呼ばれるのではないかと期待を持った。
 続いて呼ばれたのは「大阪」。先の出発時刻の順番通りであり、次こそ成田だと待って聞いた地名は、何と「シンガポール」。期待は落胆に変わった。そしてその後は、台北→ 不明(モルジブのマレ?) → ジャカルタ と続き、成田が呼ばれたのは17時過ぎ。しかも、それは搭乗のアナウンスではなく、20時頃に出発するという情報であった。
 この20時出発は間違いなく遅れるだろうと思っていたが、この時だけは良い意味で予想が裏切られ、定刻出発したフライトは21時半頃に無事イスタンブールに到着。前述のとおり、私の周囲の日本人はほぼ全員このフライトに搭乗していたが、一部の旅行者は別の方法により既にアンタルヤ空港を脱出したようであり、機内は多少空席があった。
 「この日はイスタンブール空港近くのエアポートホテルに宿泊して、明朝のフライトでようやくブルガリアに到着できる」とこの時は安易に考えていたが、ここからが本当の試験であった。

足立区の中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト



トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/1075-c337dacc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)