FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

ワルシャワの旧市街①(東欧旅行5)

 翌朝は5:00前に目が覚めた。時差ボケはなく至極元気だ。昨日買ったパンを食べて5:30にはホテルを出発した。観光施設がオープンするのは9:00過ぎだから、とりあえず9:00迄に町並み散策しようと決めて、まず旧市街に向かった。
 ホテルから観光施設が集中する旧市街までは4キロ程度であり、徒歩40~50分といったところ。歩けない距離ではないが、昨日利用した175番のバスで行けるのでバスで移動した。切符の買い方は前日復習したので難なくクリアできた。しかも、今日は1日ワルシャワに集中して観光予定であるので、地下鉄・バス・路面電車共通の1日乗車券(乗り放題)を購入した。地元のバスに乗って目的地まで移動できると行動の幅がグッと広がる。旧市街到着後は1時間程度町並み散策を行った。旧市街らしい歴史風情溢れる家々が軒を連ねるが、ワルシャワの街は第二次世界大戦で大部分が破壊され、現在の建物は戦後に復元されたものである。非常に忠実に再現されており、復元建造物ながら世界遺産登録されている理由がわかるような気がする。
 その後、市街地から少し離れたツィタデラと呼ばれる要塞跡に移動し、ここで初めて地下鉄を使用した。地下鉄の利用は、市内を走るバスやトラムに比べて楽である。特にワルシャワは路線が1本しかないので、方向さえ間違わねば確実に目的駅までたどり着ける。しかも、切符がバスと共通であるのも助かる。しかし、市街地外の観光地は周辺地図がラフであり、最寄駅から目的地までたどり着くのは一苦労だった。要塞自体は観光スポットとしてそれほど目を見張るものもなかったが、早朝ということもあり観光客がほとんどいないためのんびりできた。しかし、博物館館内の解説はすべてポーランド語のみ。本当にメジャーな観光スポット以外は英語解説がないのだろう。多少歴史を勉強していれば様相も異なるのだろうが・・・

中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト



トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/111-da439f08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)