FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

海外国内線の日本人比率(タイ旅行1)

 大型連休ではないにもかかわらず、機内は成田→バンコク、バンコク→チェンマイ間ともにほぼ満席。やはり、閑散期のプロモーションの影響であろうか。かく言う私もそのプロモーションに惹かれてこの日程を選んだわけであるが・・・
 タイの場合、最終目的地であるチェンマイではなく、バンコクのトランジット専用カウンターで入国審査が行われる。バンコク空港は広大であるが、この点さえしっかり押さえておけば短い乗継時間であっても空港ターミナルで慌てることはないだろう。どれだけのんびり移動しても、よほど混雑していない限り1時間あれば十分である。
 国内線の搭乗口にたどり着くと、ここは成田かと思わんばかりの日本人率の高さ。見た限りでは半数以上が日本人である。羽田→福岡、羽田→札幌区間の外国人比率も、おそらくここまで高くはないだろう。
 チェンマイ空港にはほぼ予定通りに到着。空港両替レートは市中に比べて相当劣悪であるかと思いきや、意外にも若干悪い程度であったので、3,000円だけ両替。海外旅行恒例の難所である空港から市内への夜間移動を開始した。

足立区の税理士 中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト



トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/1136-868f6870
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)