FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

夜間の犬に注意(タイ旅行3)

 空港シャトルに乗車して15分ほどで、「ターペー門」と言うチェンマイ中心部の名所に到着。途中、2~3か所で停車して乗客を降ろしていったが、ほぼ道なりであったので時間ロスはほとんどなかったと言ってよいだろう。
 ターペー門から宿泊ホテルまでは徒歩5分と近いが、地図で見た限りでは狭い路地裏に立地しているようなので、迷わないよう慎重に歩みを進めた。ちなみに、時間は既に20時を過ぎていたが、チェンマイ中心部なので街は賑やかであり、治安面の不安は皆無である。
 そしてホテルが面する狭い路地を歩いているときに「それ」は起こった。街灯のないほぼ真っ暗な狭い通りに黒い犬を発見。すかさず犬のいる方向とは逆方向に回避した。東南アジアでは気温が下がる夜間は、犬が活発に活動する。一見おとなしそうな犬でも近寄ることは危険である。
 ほっと一安心と思って、回避した側のブロック塀に何気なく目をやると、突如塀の上部が微妙に動き始めた。塀だと思っていた物体の一部は、何と塀の上で寝ていた犬だったのである。同色であったので直前まで全く気付かず、こちらが気付いた時に運悪く目があってしまった。犬も私以上に驚いた様子を浮かべ、次の瞬間私に向かって吠えかかってきた。「まずい!」と思って一目散に逃げる。一匹かと思った犬は二匹であり、加えて先ほど私が回避した黒い犬も含めて合計三匹が私に襲い掛かってきた。
 30メートルほど猛ダッシュの末に何とか振り切り、人のいる場所に来ると犬は元居た場所に引き返していった。この間数秒の出来事であったが、その後床に就くまで精神的に引きずるほどのショックであった。今回旅行で最も凹んだ瞬間は、間違いなくこの時であっただろう。

足立区の税理士 中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト



トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/1138-4e0ebb34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)