FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

今一つのサランコット(ネパール旅行24)

 こうして慌ただしい子供たちとの交流を終えて、その後1時間以上は周囲の山並みを楽しみながら歩みを進めた。無論、この間も沿道の村人とは挨拶を交わし、子供たちは気さくに声を掛けてきたが、既にお土産は尽きていたので基本的にそれ以上の交流はなかった。
 カースキー村中心部では子供2人組から声を掛けられて、村の学校などを見学しながらしばらく片言の英語で会話していたが、そのうち英語の書かれたメモを私に渡してきた。ざっと見たところ、「学校のサッカー用具を買いたいので寄付してください」という寄付依頼であった。この道を通行する旅行者に対してその都度依頼しているのであろうか。書かれている内容は強ち嘘ではないのかもしれないが・・・
 こうしてサランコットには12時前に到着。子供たちとの交流がなければノーダラから2時間程度といったところであろうか。距離の割に時間がかからず、かつ疲労感もないのは道が平坦であったからと思われる。サランコット展望台(50ルピー)からの眺めは、正直今一つであった。正午で雲がかかり始めていたというのも理由であるが、やはり早朝に見たベストビューと比べると相当見劣りがする。無論訪問時期・時間にもよるが、短時間で山々を見るという目的であればサランコットよりもダンプス・ノーダラを勧めたい。

足立区の中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト



トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/1191-3a98c939
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)