FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

オペレーションの不備(ネパール旅行52)

 バクタプル到着は10時であったにもかかわらず、チケットブースには係員はいなかった。周囲を一通り見回してみたが、それらしき人は見当たらない。係員らしき人を見つけたら申告しようと中心部に向かって歩いたが、結局そのままトウマディー広場に到着してしまった。
 そもそも各都市の中心部に入る都度入場料を支払うというオペレーションが間違いの元である。要所にチケットブースを設置しているとはいっても、中心部内外を結ぶ道は幾つも存在するので、仮に小道を通ればチケットブースを通らずに中心部に入れてしまう。しかも、チケットは発行されるものの、一度入ってしまえばチケットの提示を求められることはない(少なくとも本旅行中の私は一度もなかった)。つまり、何らかの理由でチケットなしで入場してしまえば、自主申告しない限りオートマチックに入場無料になってしまう。また、仮にこの北側がマイナーな入口であったとしても、午前10時に係員がいないというのはさすがにお粗末であろう。やはりカトマンズで共通入場券を50ドルで販売する方が、遥かに効率的かつ収入増に結びつくことは間違いない。
 ちなみに、本来の入場料は、外国人1,500ルピーで、中国人・ブータン人は250ルピーであった。やはり地理的な要素が深く関係しているのであろう。

足立区の中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト



トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/1219-ebb40fc8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)