足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

リキシャマンに対する感情(ベトナム旅行32)

 とりあえず行きたい場所と料金を確認したところ、10万ドン(約500円)との返答。明らかに高額であったのでその場でバイバイしたところ、すぐに5万→4万と値下げしてきた。決して顔には出さないが、個人的にはこの時が最も面白く感じる瞬間である。
 3万で提示して3.5万で落とすか、或いは3万で通せばOKかもしれないと考えたが、4年前のインド旅行以来サイクルリキシャマンに対してはかなり同情的になっていた。それは、私より遥かに年上の男性が老体に鞭打って懸命に自転車を漕ぐ姿を見て、少し上乗せしたいという感情に駆られたことに起因する。結局この時も言い値の4万ドン(200円)でOKを出した。以前から再三述べている通り、この手の交渉は基本苦手なのだが、この時は上述の個人的感情が起因している。
 目的地の博物館までは川沿いを北上して10分ほどで到着。前日のように散策しながら眺めるのも良いが、今回のようにリキシャに揺られながらのんびりと眺めを楽しむのも愛的である。確かにこれで4万ドンは高いとは思うが、最後の写真撮影にもポーズを決めて快く応じてくれるなど、やはり利用して良かったと考えている。

足立区の中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/1272-cee6ee47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad