足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

問題のバス路線(ベトナム旅行35)

 12時前にホテルをチェックアウトして向かったのはダナン大聖堂前にあるバス停。ここにはホイアンまでのローカルバスが停車することになっている。ダナン→ホイアン間の交通手段は幾つかあるが、このバスを利用することが最もリーズナブルな方法であり、ネットでも様々なブログで紹介されていた。
 当然私もこの交通手段を利用しない手はないのだが、実は1つ問題があった。というのも、このローカルバスの運賃について外国人旅行者は必ずオーバーチャージされるようなのである。バスの正規運賃は約2万ドン(約100円)であるが、外国人料金は3~5万ドン徴収されるとのことあり、特に5万ドン取られたケースは先のブログでも散見された。
 3万ドン(約150円)の差であるので大した話ではないと考える人もいるであろうが、あまりに大差の価格設定(金額ではなく倍率ベース)は非常に不愉快であり、かつ中長期的には彼らのためにもならないと思われるので、このような価格設定は早急に是正されるべきである。

足立区の中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/1275-11e9e8cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad