足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

現地での情報収集(ベトナム旅行43)

 マッサージを終えて18時に先の日本人男性と合流し、ガイドブックに掲載されているレストランに入った。観光客慣れしている店のようであり、メニューはホイアングルメセット的なコースメニューが幾つか用意されていたので、我々は10万ドン(約500円)のセットとドリンク(各2万ドン)をそれぞれ注文した。
 会食時間は1.5時間ほどであったが、当然のことながら内容の大部分がこれまで行った互いの旅先(特に東南アジア)の話。彼が東南アジアで未渡航の国はミャンマーとフィリピンであり、まずはミャンマーを訪れたいとのこと。ちなみに、フィリピンはASEANの中では私が唯一未渡航の国であるが、フィリピンに対する認識は彼とほぼ同じものであった。その他、ダナンが今後ビーチリゾートとして大きく発展していくであろうことや、私が今夏に訪問予定のスリランカについての話などで盛り上がった。
 ちなみに余談であるが、いよいよ会計という段階になって店員から渡された伝票は24万ドン。セットメニュー+ドリンクで確かに各12万ドンなのだが、後になって私が追加でオーダーしたビール1本が勘定に入っていなかったことに気付く。結果としては、この日の午前中にオーバーチャージしたバス代を取り戻した形になってしまった。。。
 街中を少し歩いてから彼と別れた後は、早々にホテルに帰着。翌日に備えて早めに就寝した。

足立区の中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/1284-1ea75752
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad