足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

ホイアンの評価(ベトナム旅行48)

 ホイアンといえばランタン。私も事前リサーチの段階においてこの点は理解しており、高い期待をもって訪問したのであるが、感想としては観光客の多さに尽きる。
 昼は猛暑であるためそれほど目立たないのであるが、夕方を過ぎると急激に人が増え始め、18時過ぎはアンホイ橋周辺の沿道は人が溢れんばかりなのである。この辺りは数多くのランタンで彩られる目抜き通りであるが、その分混雑度も半端ではない。こうした完全なツーリストスポットとして定着し過ぎていることが、私のホイアンに対する評価が決して高くない理由である。
 この時は、目抜き通りを一通り散策した後、アンホイ橋を渡ってアンホイ島に移動。ここにはランタンを売る店が軒を連ねており、土産物を販売する屋台も多数出店しているなど大変賑やかであり、そしてこれを目当てに訪れる観光客もやはり多い。自分がイメージしていた光景とは何かが違った。
 ちなみに、ここで恒例のTシャツ価格チェックを行ってみた。前述した目抜き通りでは言い値10~25万ドンであった一方、アンホイ島側の屋台では高くとも10万ドン程度であったことから、買うのであれば後者がお薦めである。私は、この中の1軒の屋台で厚手のTシャツを言い値10万→8万→7万→7.5万ドン(約375円)で購入。当初想定価格の6万ドンに比べれば高値であるが、私にしては上出来な方だと考えている。

足立区の中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/1289-b9112321
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad