足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

空港バスの利用価値(ベトナム旅行55)

 ホイアンからダナン空港までの交通手段は、前日あらかじめチケットを購入しておいた空港バスを利用した。料金は11万ドン(約550円)と往路(ダナン市街→ホイアンバスターミナル)に比べれば倍以上であるが、直接空港に乗り入れることができる。しかし、私個人の感想として、このバスの利用価値については疑問が残る。
 まず、このバスはホテルでピックアップしてくれる点は有難いが、やはり遅れが怖い。一般的な観光ツアーであれば多少の遅延は仕方ないと思うが、空港バスの遅延は致命傷になりうる。個人的にはどこか1か所に集まるシステムの方がまだ安心できる。
 次に、競合する交通手段との価格差である。実は、ホイアンの街なかを散策中にダナン空港までのタクシー手配に関する貼り紙を至る所で目にしたが、料金は25~30万ドンであった。タクシーであれば専用車なので、少なくとも他の乗客の都合による遅延は回避できることに加え、料金差もそれほど大きくない。例えば3人で1台をシェアすれば絶対にお得であるし、2人であってもタクシーに分があると言って良いだろう。
 事実この時私が乗車したバスも、乗客は私を含めて3名であった。上記のタクシーがシェアタクシー(乗合タクシー)であるならば話は別だが、空港バスを利用する観光客は、1人旅で一定の旅行経験のある人又は地元住民に限られるという点から考えると、将来的には厳しいかもしれない。

足立区の中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/1296-c8f6a84c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad