足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

ベトナム航空(ベトナム旅行58)

 海外を旅する際に最も重宝する航空会社は、言うまでもなく渡航国のフラッグキャリアである。今回であればベトナム航空であり、特に渡航国の主要都市以外に向かう場合には必ずお世話になると言って良い。従って、このフラッグキャリアに何らかの不安定要因が存在する場合、旅のリスクは大いに増すと考えられる。
 ベトナム航空についても、この旅行直前に発生した乗客を機内から引き摺り下ろすような非人間的行為はさすがにないであろうが、これまで何度か記載しているとおり遅延率が高いとの話を聞いており、そのために往復ともに乗継時間を十分確保したわけである。幸いにも今回遅延に悩まされることはなかったが、不安定要素の強い航空会社を利用する場合には、本来の乗継時間+1時間を確保しておくことが好ましいと考えられる。
 また、機内サービス全般については、可も不可もないという感想である。私自身機内サービスに過度な期待をしていないので不満は全くなく、次回また利用しても良いと考えているが、少なくともホスピタリティという観点では日系航空会社が優れているのは、いた仕方ないところであろう。仮に言葉以外の問題で一定以上のホスピタリティを期待する場合には、日系航空会社又はこれに準ずるランキング上位の航空会社を選択した方が良い。

足立区の中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/1299-c0302542
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad