足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

スマホ盗難未遂事件②(スリランカ旅行3)

 これまで私は、幸いにも日本・海外問わずこうした被害に遭ったことはなかったので相当動揺したが、犯人は容易に特定できたので、気を取り直してその女性の後を追って声を掛けると、予想通り彼女の手には自身の携帯と私のスマホが握られていた。これは完全な置引き行為であり、本来ここは激しく非難し、空港警察マターにもなり得る案件であるが、私はあまりのショックに「イッツマイン」と言ってスマホを取り上げ、睨みつけてそのまま去ってしまった。そして肝心の彼女の反応はと言えば、現地語で何やら言い訳がましいことを話してはいたが、少なくとも自身のしたことについて反省のそぶりすらない様子であった。今となっては、この犯罪行為をもっと追求せずにこのまま矛を収めてしまったことを後悔している。
 だが、同時に幾つかの疑問も残る。まず、なぜこの状況下で置引き行為に及んだのかという点、かかる人口密度の低い空間で行うことは常識的に考えられないし、多少離れて座っていたとは言え、2メートル程度の目の届く範囲内に居たので、よほど何かに夢中になっていなければ普通は気付く。
 次に、人を外見で判断すべきではないが、少なくともこの女性はそのような行為をする人間には見えなかったし、ソウル→コロンボ便の搭乗者という時点である程度しっかりした人物であるとも考えられる。さらに、その後もこの女性の様子を遠目から観察していたが、人の良い気さくな女性という印象であり、やはり犯罪の臭いは感じなかった。推測するに、誰の所有物でもない物は自分の物にできるという心理が働いたのか。。。
 ちなみにスリランカ入国以降は、こうした事件に巻き込まれることなく順調に旅を続けることができ、スリランカは極めて安全な国であることは明確にしておきたい。

足立区の中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/1303-d4ca8161
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad