足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

間一髪の逃走劇①(スリランカ旅行21)

 北部遺跡群を後にしてイスルムニヤ精舎に向かっている時のこと。宮殿跡や仏歯寺跡などがある通りを南下して、まずは考古学博物館を見学(民俗博物館はリノベのため休館)。さらに南下して予定してなかったミリサワティダーガバを訪れた。
 この大塔は自転車で走っている途中に目についたので気になって足を延ばしたのであるが、そのインパクトにもかかわらず観光客はほとんどいなかった。だが、それに反して結構な数の犬がうろついており、私が塔内に入ろうとすると数匹が一斉に吠えかかってきた。この時は何とかやり過ごしたが、これがこの後発生する逃走劇の予兆であった。
 ミリサワティダーガバ見学を終えた後は、付近の商店でしばらく休息を取った。遺跡エリアの外れに位置しているせいなのか、ここでは1.5ℓペット水を80ルピー(約60円)で買うことができた。1日中自転車を漕ぎ続けて疲労困憊であったが、休んでばかりもいられないので、力を振り絞って南下を再開。「ダーッキナダーガバ」という仏塔を通り過ぎた当たりから下り坂に差し掛かったので、自転車のスピードが非常に速くなった。路上には黒い犬が寝ており、私もそれに気づいていたのだが、特にスピードを緩めることなく(少なくとも私の理解では)少し離れた場所を高速で通り過ぎた。すると、(寝ていた犬ではない)付近に居た犬が突然吠え始めたと思ったら、私目がけて猛スピードで追いかけてきた。

足立区の中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/1321-8237f96b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad