足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

ルート管理(スリランカ旅行29)

 下山に際しては、途中から案内板に従って下山専用のルートを使用した。しかし、出口までの道は大変わかりづらく、かつその間観光客と出会うことはほとんどなかったので、歩いていても若干不安であった。
 ようやく出口に辿り着いたものの、入口に比べれば観光客は疎らであり、付近に林立する十数軒の土産物店はどこも暇そうであった。おそらく、かなりの登山客が往復同じルートを利用しており、このルートを利用している人は少ないと思われる。そして私自身も、再度入口方向に戻って遠方からシーギリやロックを楽しむとともに、賑やかな一帯でドリンクを飲みながらのんびり休息したかったと多少後悔した。唯一ラッキーであったのは、出口はバス停に近かったので、往路のようにシーギリヤの敷地外周をテクテク歩く必要がなかった点である。
 いずれにしても、このルート管理は観光地にとって大変重要であるとともに、観光客目当ての商店にとっても死活問題になりうる。周囲の景観を損なわない程度にしっかりとした案内表示が求められよう。

足立区の中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/1329-6f67bc54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad