足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

異なる料金(スリランカ旅行38)

 ポロンナルワ観光は13時半には終了したので、できればここで昼食を済ませたかったのだが、バス停付近に立地する2~3軒の食堂を覗いたところ結構な観光地価格であったので、このままダンブッラに戻ることにした。
 先のスルーした食堂の店主の助けもあり、無事ダンブッラ行のバスに乗車。非常に親切な店主であり、多少高くてもここで何か買っておけば良かったと若干後悔。そして、その後悔の直後に非常に不可解な事案に遭遇する。
 乗車直後に乗務員が私の所にやってきたので、当然のように往路で支払った150ルピー(約110円)を支払ったところ、何と50ルピー札を戻してきた。つまり、往路と復路でバス代が50ルピー違うのである。普通に考えれば往路で50ルピーオーバーチャージされたということになるが、往復ともにチケットは発行され、印字内容を確認してもそれぞれ同じ区間名が書かれていた。どうやらバス会社が違うようなのでその差かとも思えたが、バスタイプはいずれもノーマルバスである。往路に金を渡す際に少し高いと言う気もしたのだが、(往復が逆であればまだしも)これはなかなか気づけないし、仕方ないところであろう。だが、この直後に誰でも気づけるオーバーチャージを見過ごしてしまうことになる。

足立区の中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/1338-88015f2e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad