FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

クライアントとの日時調整方法

 一昨日(16日)は一気に3社のクライアントを訪問した。内訳は、午前中(10:00~)1社、午後は14:00~、16:30~の2社である。
 クライアントとの日時調整方法は事務所(組織)によって千差万別であろうが、当所の場合にはクライアントに対して2~3案提示し、そのうち1案を選択してもらうスタイルを採っている。提示案のいずれも都合がつかないケースも有り得るが、その場合にはクライアント側から改めて2案程度提示してもらい、その中から当所がチョイスすることとしている。ちなみに、現時点においてこの方法により何らかの不都合を生じたことは皆無である。
 また、訪問時間については、私の個人的趣向により午前中であれば10時、午後であれば14時を基本としている。本設定についての積極的理由は特段ないが、強いて挙げるのであれば官公庁(経済産業省)や商工会議所が開催する会議等の開始時間が同時間帯であるケースが比較的多かったと記憶しているので、それに倣っているという程度である。しかし、午前中の訪問が早めに終了した場合には、次の訪問先(14:00~)までの移動・昼食時間を含めても時間が余ってしまうというケースもあり、クライアントとの打合せ予定内容等を勘案しながら柔軟に設定する必要性も感じている。
 最後に、クライアントとの打合せ時間については、概ね1時間を目安としているが、テーマが多岐に亘る、或いは重い内容に及ぶ場合には2時間程度になることもある。これについても、クライアントの業務の繁閑等を勘案しつつ、サービスの維持・向上を前提とした効率的な対応を心掛けたいと考えている。

中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト



トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/139-b522cd42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)