足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

進化するITサービス(中国旅行18)

 広州東駅には13時20分頃に到着。広州を代表するターミナル駅の一つということで到着駅周辺は大変混雑しており、隣接する地下鉄のトークン売り場にも長蛇の列が出来ていた。
 この日の宿泊ホテルまでは地下鉄で20分程度であったので、駅内のレストランで昼食を取ることにした。構内には多数の飲食店が立地していたが、入店したのは中国では有名な「蒙自源」なるチェーンレストラン。麺類+餃子+ドリンクで料金42元(約710円)は日本並料金であるが、これいた仕方ない。ちなみに餃子が意外と旨かった。
 なお、周囲の多くの人はスマホを利用して注文・決済していたようであり、店内のテーブルにはそのためのバーコードが付されているようであったが、私は一連の流れが掴めなかったので、普通に店員にオーダーを伝えて現金で支払った。話には聞いていたが、中国の生活関連ITサービスは日本以上に進んでいることを改めて実感した。一方、今後日本においてもこうしたサービスが益々普及していくことは間違いないが、中国のように主流を占めることはないであろうと考えている。

足立区の中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/1390-366579bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad