足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

驚きの連続①(中国旅行22)

 広州タワーは、テレビ塔としては東京スカイツリーに次いで高い。広州の至る所からタワーを拝めると言う点においては今や広州のシンボルであろうし、タワーを眼前にして上を見上げると、その迫力が伝わってくる。
 と同時に、タワーへの入場料金はこれまで私が海外旅行で見学したどのタワーよりも断トツに高いものであった。無論ガイドブックにその情報は記載されており、念のためタワー入口の料金表示を確認すると、やはり同じ数字が並んでいた。
 「数字が並ぶ」とは、プランによって料金が異なるのである。詳細は割愛するが、最も安いプランで150元(約2,550円)、アトラクション付の高いプランであると400元(約6,800円)近いものまである。当然のことながら、展望台内部からの眺望を楽しむのみの150元チケットを申し込むと、一つ上のプランである若干高い場所にあるデッキ外からの眺望を楽しむプランへのアップグレードを勧めてきた。このプランの料金は約230元(約3,910円)であり、案内板にも最もお勧めです的な表示が掲載されていた。
 天気が良ければまだしも、曇天で日没も近い。1,500円近くの追加料金を払う価値があるとは到底思えなかったので、ここは冷静にノーサンキュー。この判断は正しかったと思う。

足立区の中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/1394-5458acd7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad