足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

タイムロスの代償(中国旅行31)

 前述したバス2回の乗継待ちや、乗継ぎバス停を1駅間違えるという初歩的ミスを犯すなどのタイムロスを重ね、イエローバスに乗車したのが11時。しかも、このイエローバスが途中で長時間停車したり、(同じラインあるにもかかわらず)別のバスに乗換えさせられるなど意味不明な運行となったことで、1周して元の場所に戻ってきたのは12時半過ぎであった。ちなみに、車窓からの高層ビル群見学は堪能することができたので、イエローライン自体の評価は決して低くない。
 遅くとも12時前には沙面に戻りたいと考えていたので、その遅れを取り戻すべく昼食はスキップ。沙面で預けていた荷物を受け取り、その足で地下鉄を乗り継いで広州南駅に向かった。広州南駅は広州市の郊外にあるターミナル駅であり、この駅は深せんに戻るための高速鉄道(日本で言えば新幹線)の停車駅になっている。広州南駅から深せんに行き、そこから往路とは異なる国境を越えて香港に戻るというのが当初のプランであった。
 乗換を含めた所要時間は約30分と決して短くない時間であることに加え、日曜日であるためなのか車内は日本の通勤ラッシュを思わせるほどの超満員。荷物を抱えながらの乗車に苦労したが、何とか踏ん張って広州南駅に到着した。

足立区の中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/1403-0019ac49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad