FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

国際鉄道のイミグレーション(中国旅行35)

 広九鉄道に乗車する場合、出国審査は広州東駅で行われる。出発時刻の40分程前になると案内があるので流れに沿って進み、出国カードに記入して外国人用窓口で手続きを済ませると言う特段難解ではないパターンであるが、私はこの時に出国カードを持たずに並んでしまい若干タイムロスしたことは以前述べたとおりである。
 続いてセキュリティチェックを受けることになる。既に駅内に入るときに受けているが、国際鉄道なので厳しく管理する必要があるのだろう。別段違和感は覚えない。
 これらを終えて広い待合室でしばらく待機していると、ホームに移動するようアナウンスがあるので、これも流れに沿って移動。アナウンス前まではホーム移動待ちの長い列が出来ていたのだが、皆がアナウンスと同時に入口に殺到したので、その列は全く意味を成していなかった。この列自体が非常に不安定なものであったので、私もこの時は列には並ばずに、他の中国人に混じって適当に列に入り込むという中国スタイルに従った。

足立区の中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/1407-c20fecda
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad