足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

ホテルまでの道のり(中国旅行36)

 かくして国際鉄道は定刻通りに広州を出発。途中1駅に停車した後、定刻通りに香港・ホンハム駅に到着した。なお、駅到着時刻は定刻ジャストであり、1分違わず正確であったことに改めて驚かされた。
 香港の入国審査は終着駅であるホンハム駅で行われた。広州での入国審査同様にほとんど待つことなく短時間で通過し、海側に向かう遊歩道を数分歩くと香港島の夜景が見えてきた。
 これまでも何度か見ている夜景であるが、これを見ると改めて香港に来たという実感が沸いてくる。また、海岸沿いに飾られたクリスマステーストのイルミネーションも大変美しかった。
 こうしてホンハム駅から10分程度歩いて、この日宿泊予定のホテルが見えてきた。周囲の建物同様、このホテルの外観もやはり美しくライトアップされていた。香港に来ればほぼ毎回通った尖沙咀(チムチャーソイ)の中でも、一際威厳を放つそのホテルのゲートをくぐる日が来るとは、つい最近まで夢にも思わなかった。

足立区の中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/1408-e4f0b6f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad