FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

ポーランド料理で食欲増進(東欧旅行17)

 目指していたレストランはすぐに見つかった。ここは先の「バル」とは異なるが、やはりセルフサービスの庶民向けレストランである。先と同じ要領で、ガイドブックにあるポーランド料理を頼んでみた。スープは昼と同じジューレック、メインはピエロギという餃子に似た料理を頼んだ。別途注文したコーラを含めても料金は700円程度。ここは中心市街地であるから、相場的には日本の1/3程度だろうか。
 ジューレックは昼と比べても量が格段に多い。しかも、具が盛り沢山であるため、日本人の小食な女性ならば間違いなくこれだけで腹一杯になる。次に出されたピエロギのボリュームにもびっくり。確か8個位あったと思うが一つ一つが大きく、見た瞬間2個くらい残すだろうと思った。見た目は水餃子のようであるが、味は全く違う。中にはチーズ・卵をすり潰したものがぎっしり詰まっており、外皮とのコラボが何とも言えず本当にうまい(ちなみに、肉を詰めたピエロギもあるのだが、今回旅行では食すことができなかった)。よく考えると、ポーランド料理は各食材間の組合せが絶妙である。気づいたら全て平らげていた。
 周囲を見ると初老の太めの女性が大きなロールキャベツをモリモリ食べている光景を目にした。日本でお目にかかることは極めて少ないであろう光景だ。まあ、これもポーランド料理の美味さが故であろうと思った。

中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト



トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/141-8489a140
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)