FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

台北で休息(中国旅行44)

 ラウンジで快適な時間を過ごした後は搭乗タイム。今回のキャセイ便は一度台北で着陸するので、機内食は2回サーブされることになる。先ほどラウンジで結構な量を食べており、各回全て平らげるわけにもいかないので、料理の取捨選択が重要であった。
 香港→台北間はフライト時間が短いこともあり、幸いにも質量ともにそれほどではなかった。この時はメインの肉料理とフルーツ並びにケーキのみいただき、サラダやパンには一切手を付けなかった。
 台北空港に到着後は、一度全員が降機して荷物検査を受けることになっていたので、私はそれを素早く済ませて、急いで台北のキャセイラウンジに向かった。香港のラウンジに比べればかなり見劣りするが、搭乗口の前で過ごすよりは数段マシである。既に腹は満たされていたので、ここでは台湾ビール1杯だけ飲みながらのんびり過ごした。但し、台北寄港は便の乗継ぎではないので、寄港時間は短い。ラウンジに入って30分程で搭乗時刻となったので、急ぎ足で搭乗口に向かった。
 台北→成田間は、往路の成田→香港間と同様の扱いであり、しっかりとした機内食がサーブされた。往路同様にエコノミークラスとは比べものにならない濃密なサービスであり、てきぱき動くCAの姿が印象的であった。ちなみに、腹はほとんど減っていなかったが、しばらくご無沙汰になるビジネスクラスの機内食であるので、頑張って全体の8割程度を平らげることができた。

足立区の中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/1416-7c5bc1c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad