FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

第一の関門(ラオス・ベトナム旅行5)

 夜行列車が終点のウボンラタチャーニー駅に到着したのは6時50分。定刻15分遅れではあるが、スケジュール的には何ら問題はない。
 そして、ここからの移動が今回旅行における第一関門であった。まずはネット情報に基づき駅前に待機する2番ソンテオを探すと、ロータリー右手にそれらしき車両を数台発見。その中で混雑している車両のドライバーに「バスターミナルOK?」と確認すると、ビンゴであった。
 早速乗り込もうと後方に移動したものの、車内は混雑状態で大きな荷物を持って乗車するのは困難に思えたので、次のソンテオを待とうと考えてその場を離れたところ、誘導員らしき中年女性の案内により、その車両の助手席に座れることになった。今まさにそこに座ろうとしていた男性を追いやっての確保であったので若干申し訳なく感じたが、それ以上にこの女性の心遣いに対して深く感謝した。
 ソンテオは間もなく出発し、約30分でバスターミナルに到着。この間はずっと助手席に座っていたので、夜行列車で疲労した体力を幾分回復することができた。乗車料金は10バーツ(約35円)であり、ドライバーもその正規料金を請求してきたが、ここで私は感謝の意を込めて20バーツ札を渡してその場を離れた。

足立区の中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/1422-392e6d37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad