FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

徒歩での国境通過(ラオス・ベトナム旅行8)

 前述のとおり、バスといっても実は定員10名程度のミニバンであったが、車体は新しく座席幅も広かったので、移動は快適であった。出発して1時間40分ほどでチョーメックのバスターミナルに到着。途中原因不明の警察の検問により10分程度停車していたので、これを除けば移動時間は約1時間半であっただろう。
 チョーメックのバスターミナルから国境までは徒歩10分程度と聞いていたが、周囲にそれらしき建物は見当たらず、まずはトイレに行こうとバスを降りるや否やバイタクによる呼び込みの嵐。参考までに国境ポイントまでの料金を確認したところ70バーツ(約250円)とのこと。何があってもこのバイタクのカモになることだけは避けるべきである。冷静にバイタクの呼び込みをかわし、歩き出す方向だけをミニバンの乗務員に尋ね、バスターミナル内を出ると、大通りの遥か先に紫色の建物が見えた。
 多数の食堂や土産物店が軒を連ねる大通り沿いを十分程度歩くと、イミグレーションの入口に到着。出国後は地下通路を通って1~2分でラオス側に到着。途中でまたいだ鉄の柵が国境ラインであったのだろうか、いずれにしても徒歩で国境を越えてラオス側の入国審査に向かった。

足立区の中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/1425-6e83ce8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad