FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

移動日のスケジュール管理(東欧旅行19)

 4日目の朝は5:00に目が覚めた。そして、シャワーを浴びた後に荷物整理を行い、朝食開始の6:30迄には片付けを終えた。1泊での移動はなかなか忙しない。しかも、今日は寝台列車を利用するため、それまで荷物をロッカーに預けておかねばならない。1つ1つの事項は些細なことなのだが、いろいろ絡み合うとオペレーション管理が面倒である。
 実は、この日がポーランドに来て初めてのホテルの朝食(ブッフェ形式)。ハムやチーズが何種類も用意されており、かつ、どれもおいしい。さすが東欧だ。日本における一定レベル以上のホテルの朝食バイキングと比べて遜色ない満足いくものだった。
 チェックアウトを済ませ、足早にアウシュビッツ行きのバスターミナルへ向かう。バス乗車前に行うことは、荷物預けと両替である。荷物はコインロッカー(180円)に預け、両替はターミナル付近の両替所で行った。ちなみに、ポーランド入国以来、両替は全て家にあったドルを使っている。ターミナルはホテルとは逆方向にあり、中心市街地からは若干外れているためレートも良い。さらに、バスチケットは前日のうちに手配済(2時間乗車:390円)であり、乗り場も確認済であることから不安はなかった。さすがに4日目ともなると、慣れてきたせいかスムーズに事が運ぶこともある。
 バス内に乗っていたのは東洋・西洋問わずほとんど旅行者だけだった。日本人も何人かいた。アウシュビッツでは日本語ガイドを付けて終日域内を回る予定であり(事前に日本語ガイドの方にアポ済)、このうちの何人かは一緒のツアーなのだろう。バスは定刻に出発し、10:00に無事アウシュビッツに到着した。

中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト



トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/143-a66b1113
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)