足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

長閑な世界遺産(ラオス・ベトナム旅行19)

 パクセーからワットプーまでは約1時間。途中ソンテオのガソリン代(5万キープ)を前払いさせられたが、これはあらかじめ確認しておいたとおり最後の精算段階で調整された。おそらく何も言わずとも調整されるとは思うが、念には念をである。
 ワットプーの入場料は5万キープ(約710円)と順当なライン。チケット売り場から少し歩くと電動カーが待機していたので、そのまま乗車して宮殿前の参道に移動し、そこからは徒歩で中腹の宮殿や本殿を目指した。丁度暑くなり始めた頃合いであり、本殿までの階段では若干疲労したが、距離的に見れば大したことはなかったので、本殿からの素晴らしい眺望を堪能している頃には完全に疲れを忘れていた。
 世界遺産としての総合的な評価は普通であるが、他の多くの世界遺産とは異なり団体客がほとんどおらず、敷地内のどこに行っても観光客が疎らであったので、周囲を気にせず静かにのんびり観光できたことはプラスであった。また、私が域内に滞在した時間は約1時間40分であったが、普通に観光する場合には2時間見ておけば十分ではないか。

足立区の中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/1436-c8be128e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad