足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

見事な眺望(ラオス・ベトナム旅行22)

 ワットプーサラオの麓から、黄金の仏像が置かれている中腹までは歩いて約20分。時間的にはそれほどでもないが、炎天下で急な坂道を登って行ったので、この旅行中で最も疲労した時間帯であった。
 遠くから見ると大変小さく見えたが、実際目の前で見るとやはり非常に大きい。そして、この仏像にも増して素晴らしいのはそこから眺めるパクセー市内の眺望である。目の前をメコン川が流れ、その先には市街地が広がっている。高い建物がほとんどないことがその眺望を一層見事なものにしていた。パクセーでは間違いなく必見スポットであるはずだが、私が訪れた時に居たのはほんの数名程度。おそらく夕方涼しくなると沢山の地元民で賑わうのだろう。
 黄金仏像の裏手には立派な寺院があり、数百体はある小さな黄金仏像が置かれていた。そして、その近くにある屋根付き展望場で30分程度休憩。この間は何もせずただただぼんやり景観を眺めていただけであったが、全く飽きることはなかった。パクセー中心部からは少し離れているが、パクセーでは外せないスポットである。

足立区の中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/1439-5d38cf60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad