足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

バス乗車までの苦難②(ラオス・ベトナム旅行30)

 このウェイティング中に日本人家族とも話をした。家族でパクセー旅行ということは結構旅慣れた一家なのだろう。彼らもいわゆる合流難民であったが、8時前から私の近くを何度もうろついていたドライバーがようやく彼らをピックアップしていった。こうして残されたのは私を含め数名。最後の1人にはなりたくないと強く念じた。もはや性質の悪い罰ゲームである。
 すると念が通じたのか、トゥクトゥクドライバーが突然私に近寄り「チケットを見せろ」と言い、そして「俺のトゥクトゥクに乗れ」との驚きの言葉。というのも、私は10分前にこのドライバーに対してアプローチしており、その時は冷たく「ノー」と言われたからである。無論悪意あってのこととは思えず、何らかの行き違いがあったに違いない。
 こうして残った人たちに別れを告げ、私もようやくこの空間を脱出することができた。そしてこの時に強く思い、今なお確実に言えることは「この合流方法には大いなる問題がある」ということである。

足立区の中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/1447-aa1ed88b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad