FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

チケット手配先の良し悪し(ラオス・ベトナム旅行51)

 ハノイ行の鉄道は、結局約10分遅れの17時発という全く問題ない運行状況。ベトナム鉄道の運行が改善されたのか、或いはたまたま運が良かっただけなのかはわからないが、
 ホーチミンから遠路はるばるやってきた鉄道が10分程度の遅れという事実に妙に感心した。この時私が取った座席は1部屋4ソフトベッドの1等寝台。最も高価なシートであるが、2等寝台との価格差は数百円であったので、おそらく多くの外国人旅行者は1等寝台を選択しているものと思われる。
 チケットはあらかじめ日本でネット予約済であり、依頼したのは東南アジア全般の鉄道・バスチケットなどを取扱う外国の会社。連絡方法は原則メールオンリーで、かつメールやりとりも英語という個人的には厳しい部分もあるが、以前別の旅行で利用した際には何ら問題がなかったので、再度利用した次第である。
 料金は、手数料他12万ドン(約600円)を加算して1,015,000ドン(約5,080円)。この手数料をどう考えるかについては人それぞれであるが、少なくともベトナムで名の知れた旅行会社に依頼する場合に比べると約3分の2の料金であったので、個人的に不満はない。
 ちなみに、このチケット手配については相当前から依頼していたのだが、出発3週間前になっても何ら音沙汰がなかったので、かなり回りくどい言い方で手配状況をメールで確認したところ(督促しても手配状況は変わらない旨英語版QAに記載されている)、その直後に私のバウチャーがメールで送信されてきた。偶然のタイミングであったのか、或いはやはり忘れられていたのか真実は不明であるが、先の著名な旅行会社であればこうした状況が生ずる可能性は低いであろう。料金を取るか安心感を取るかによって判断が分かれるところである。

足立区の中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/1468-fbe5ec6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad