足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

総括(ラオス・ベトナム旅行77)

 成田便は定刻通り20時半頃に到着。前回は荷物を預けていたので移動が大変楽であったのに対して、今回は荷物を持っての移動であったために何かと面倒であった。前々回以前は毎回荷物を持っての移動であったにもかかわらずこうした不満をほとんど感じなかったのは、やはり前回楽をしてしまったからであろう。人間の弱い部分である。
 今回旅行は、トラブルらしいトラブルが皆無という、良い意味で予想外の展開であった。無論、両国ともに訪問実績ありという点もあるが、両国の人々の親切に支えられた部分も非常に大きい。その土地の人々や旅人同士の交流は、旅の印象・評価を決定づける重要な要素であり、こうした観点から見れば今回旅行はこれまでの中でも最高レベルの旅と言って良いだろう。
 平成30年は、諸般の事情からこれまでとは全く異なる切り口で旅する予定であり、今回のような旅は当面お休みすることになるだろうが、近い将来また両国を訪問し、その有する魅力を発掘・堪能したいと考えている。

(完)

足立区の中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/1495-ed8ba687
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad