足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

繁忙期のバス予約は必須(マレーシア・シンガポール旅行5)

 この那覇→羽田間も往路と同様に20分近く遅延。無論、この後の羽田から成田のバス移動に備えて十分な乗り継ぎ時間を確保していたので、この点について全く問題はなかった。ちなみに、この区間の乗車料金は3,100円と信じられないほど高額であるが、これも日本相場で考えれば仕方ないとしよう。
 GW期間初日ということもあり、このバスのチケットについて、私はあらかじめ電話で予約していた。到着予定時刻から30分後のバスを予約しており、先の20分遅延により結果としてはベストタイミングとなり、ほとんど待つことなくバスを利用することができた。
 ここで仮に予約していなかった場合にはどうなっていたかという点であるが、私が実際に乗車したバスも含めて3本先まで満席であり、空きのあるバスは45分後であった。もしこの45分後のバスであったとしても、国際線に乗り遅れるリスクはなかったが、かなり慌ただしい移動を強いられることになるので、精神的に不安であっただろうし、何よりもラウンジでのんびりすることができない。特に繁忙期においては、バス予約は必須と言えるかもしれない。
 ちなみに、私が乗車したバスは満席のはずであったが、実際には数席空きがあった。キャンセルが原因であろうが、このキャンセル席を急いでいる乗客に割り当てるような仕組みができれば、更なる空港サービスの向上に資することになるが、なかなか難しいのだろうか・・・

足立区の中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/1500-b6bbf071
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad