FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

正直過ぎることの是非①(イギリス・アイルランド旅行8)

 ヒースロー空港は、アライバル時にもファストトラック(優先レーン)があり、待ち時間がほとんど生じなかったことは大変有り難かった。これまでファストトラックを利用したことがないので私の勘違いかもしれないが、アライバル時に優先レーンを利用できる空港は少ない気がする。
 だが、入国審査ではこれまでの旅行史の中で最も時間を費やすこととなった。その原因はこの日の滞在予定ホテルの欄にベルファストのホテルを記載したことである。
 この日ベルファストに行くのであれば、わざわざ通常の入国窓口に来なくてもトランジットレーンを利用すれば良い。当然審査官からこの指摘をされることは予想され、私も無難に最終日に宿泊予定であるロンドンのホテルを記入しようと何度も考えた。おそらく他の東南アジア諸国であればそうしただろう。しかし、ヒースロー空港は審査が厳しいことで有名な空港であり、場合によってはホテルの予約確認書の提示を求められることもあるとのこと。下手に嘘を付いて面倒なことになる位なら正直に書いて、突っ込まれたら事情を説明しようと考え、敢えて正直に記入した次第。
 案の定、審査官から上記の指摘を受けたので、つたない英語による私のばか正直な説明が始まった。

足立区の中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト



トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/1563-75dc35e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)