FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

観光バスの人気度(イギリス・アイルランド旅行22)

 私がこれまで訪問した多くの都市では、市内の主な見どころを巡る2階建のシティツアーバスが運行されていたが、その利用者数はそれほど多くなかったという記憶しかない。少なくとも1階~2階が全て観光客で満席になるような事態は皆無であった。
 しかし、ベルファスト及びこの後訪れるダブリンでは全く違った。特に午後は2階席を確保できればラッキーであり、場合によっては1階でも席を確保できず立席というケースにも遭遇した。なぜにこうも違うのだろうか、未だに非常に不思議である。
 最大の理由は、この時期がヨーロッパのピークシーズンであることから必然的に観光客が多くなることだろう。次にこれらのバスは、公共交通機関でも行けない郊外の観光スポットも網羅していることから、普通の中心部を巡るバスに比べても利便性が高いことも大きい。さらに、運行間隔が15~20分程度と安定していることも好材料である。一方で難点はチケット料金の高さであろう。ベルファストのバスは10ポンドとかなり抑えめであったが、ダブリンでは25ポンド、(私は利用していないが)ロンドンもほぼ同額ではないだろうか。
 それでは利用した私の個人的な感想はどうかと言えば、やはり利用価値はあると言わざるを得ない。だが、あまりこのバスに頼り過ぎると地理感覚がなくなってしまい旅の面白さが半減するので、自分の足で散策もしっかり行うことが肝要であろう。

足立区の中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト



トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/1577-de7a2768
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)