FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

文化・慣習の違い(イギリス・アイルランド旅行29)

 刑務所見学を終えてホテルに戻る時にも例の観光バスを利用したが、ここで非常に些細な文化・慣習の違いを目にする。
 渋滞が原因なのかバスはなかなか来ず、バス停付近には多数の人が列を成して待っていた。そして30分近く待ってようやくバスがやってきたのだが、その列を割り込んで乗り込もうとしたインド系の親子がいた。
 イギリスは日本と同様、順番を守るという意識が徹底されているようであり、様々な場所において順番待ちの列ができる。そして、個人的にはこれが同国を旅する上でのストレスの少なさにも大いに寄与していると考えている。
 この時私はかなり後方にいたのだが、当然不快には感じた。その時、先頭で待っていた高齢女性らがその親子に対して、列に並べと注意しているのがはっきり確認できた。しかし、親子は無視してそのままバスに乗り込もうとし、その後軽い口論になった。
 単純に彼ら個人のマナーの問題という可能性もあるが、インドの文化・慣習に照らせば、お行儀よく並ぶという意識はやはり希薄なのかもしれない。だが、こうした些細な文化・慣習の相違が次第に大きくなり、それが一部の者をして排他的な思想につながるとするならば、これは決して軽視できない問題である。やはり「郷に入っては郷に従え」が基本であるが、日常生活にまつわる様々な事項について、無用の摩擦が起きぬよう相互理解を促進していくことが不可欠である。

足立区の中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト



トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/1584-faadf57c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)