FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

ダブリンに向けて(イギリス・アイルランド旅行30)

 観光バスの発着所からは時計台からラガン川沿いを散策しながら17時半にはホテル着。このホテルに対する評価は悪くないのだが、ここで荷物を引き取るために10分近く待たされたことが減点材料であろうか。一方立地については、先のパブ街や市庁舎などの中心部からは1キロ程度離れているため、決して便利とは言えないのかもしれないが、交通の起点の近くに立地しているという意味で私としては高評価である。
 ダブリン行の鉄道は定刻発着(所要時間は2時間10分)。2等車利用で料金30ポンドと、他の物価(特に観光施設の入場料)に比べれば安く感じられた。というか、日本の運賃が高過ぎるが故の感想であることは言うまでもない。また、これまで乗車した鉄道はいずれもがら空きであったが、本区間の乗車率は8割以上であり、この点はさすがに国際鉄道である。
 だが、国際鉄道とは言うものの、パスポートチェックなど国境を越えた実感は全く無く、実際にどこが国境であったのかも全くわからず仕舞いであった。

(北アイルランド編完)

足立区の中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト



トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/1585-781eb228
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)