FC2ブログ

足立区出身税理士の海外旅行記

地元の東京都足立区で事務所を開業している税理士の海外旅行記です。

学食での朝食(イギリス・アイルランド旅行32) 

 この日の朝食は大学敷地内にある学食で取った。基本的にはブッフェスタイルであり、取った料理をカウンターに持っていき、レジ係に言われた金額をその場で支払うというシステムである。初日は料金システムが記載された表を見落としてしまい、ホテルブッフェと同様にボリュームたっぷりに取って8.3ユーロかかってしまった。
 ちなみに、ヨーグルトやオレンジジュース、デザートなども置いてあるが、それぞれ1~2ユーロかかるので、最もリーズナブルに抑えるのであればパン+コ-ヒー=3ユーロで済ますことが好ましいだろう。
 朝食後は、宿泊棟と同じ大学敷地内の建物にある「ケルズの書」を見に行った(14ユーロ)。建物内の壮大な図書館は印象に残っているが、残念ながらこの著名な書物についての印象は特に残っていない。だが、朝方にもかかわらず展示部屋はかなり混雑していたこと、そして私が退館した時には館内に入るための行列が出来ていたことを考えると、本書物が如何に重要な文化財であるかが改めて理解できた。

足立区の中野浩志税理士事務所
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバック URL
http://nakanotax.blog.fc2.com/tb.php/1587-d37f1948
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad